Category: General
Time: 17:17
Author: nexus
皆さま,こんにちは!
はじめまして,電源系担当の修士1年山田です.

昨年度からNEXUSプロジェクトに参加しています.よろしくお願いします!


前回の更新にもありましたが,NEXUSはEMが完成し,一通りの環境試験を行こない,
CDR,安全審査Phase2を通過しました.

現在は,FMに向けたソフトウェアの統合,長期運用試験の準備,環境試験の準備等を
並行して行っています.これらの詳細は後日紹介する予定です.


今回からは,前回の更新にもあった通り,EMで実施した各環境試験の詳細を紹介しようと思います!


【振動試験】
最初に行ったのは,振動試験です.振動試験の目的は
ロケット打ち上げ時の振動に衛星が耐えられるかどうか」を検証することです.
ロケット側から与えられた振動条件を満たすような振動を,衛星に与え,構造の破壊が起きないか,電子機器の不具合が生じないかを確認する試験です.

今回はEMでの試験なので,実際の振動レベルよりも少し大きいレベルの振動を与え,衛星が破損しないか,電子機器が不具合を生じないかを確認しました.


具体的には以下の3種類の試験を行いました.

・正弦波振動試験
・ランダム振動試験
・サインバースト試験


また,それぞれの試験の前後に「モーダルサーベイ試験」という,試験を行いました.
これは,比較的低い加速度レベルの振動を与え,衛星の固有振動数を探る試験です.各試験の前後で「モーダルサーベイ試験」を行い,固有振動数が変化していないか確認することで,目視で確認できない,衛星内部の構造が破損していないかを確認します.

昨年12月15日に振動試験を,東京都立産業技術センターで実施しましたが,
サインバースト試験で試験機の不具合が起きてしまい,予定の時間内にすべての試験を
行うことが出来なかったため,12月28日に再度,試験を実施しました.

null null


その結果,電子機器の不具合は生じないことが確認できたのですが,ネジ類の緩み止めが甘く,ネジが数か所緩んでしまったため,再度試験を行うことに...

ネジ類の緩み止めを,高強度のものに変更し,今年の2月14に再試験を,IMV東京テストラボで実施しました.
その結果,各試験での固有振動数の変化もなく,ネジ類の緩みも発生していなかったので,
無事,NEXUSは振動試験を通過することができました!!

null null


紆余曲折ありましたが,これで,NEXUSは「ロケット打ち上げ時の振動に耐えられる」ことが確認できたので,安心して宇宙に打ち上げることが出来ます!

自分も含め,ほとんどのメンバーが,初めての振動試験だったので,最初は不安もありましたが,なんとか,EMの振動試験を通過したので,一同ホッとしました.


次回は衝撃試験について,学部4年の中村壮児君,よろしくお願いします!

Category: General
Time: 00:39
Author: nexus
こんばんは!
お久しぶりです!!

電源&受信系担当の新修士2年 鈴木です.

衛星開発や就活に忙しい時期になりました.

以前の更新からまた時間が経ってしまいました.
10か月ぶりの更新です(笑)

この期間中に様々な進展がありました.

NEXUSは,アンテナを4本にするか,5本にするかを
アンテナ試験やビームパターンの解析を行いながら議論してきました.
その結果からアンテナの本数は4本に決定しました.
5本の場合の展開のリスクやメリットやデメリットを考えると,
4本にする方がよいという結論に至りました.

アンテナの本数が決定したことで,EM製作に入りましたが....
直ぐにうまくはいきませんでした.

基板と構造の干渉が大きな問題となりました.そもそも,干渉した
部分もあれば,振動や衝撃で,揺れた時のことを考えたらどうなの?
というところもあり,何度も修正しました.

10月頃,ようやくEMが完成しました!

null


そこから,宮崎先生のブログにも挙げられているように

安全審査に関わる試験(振動や衝撃)等を行いました.
紆余曲折ありましたが今月中旬頃,無事安全審査PhaseⅡを
通過しました!!!

熱真空槽試験も帝京大学さんの施設をお借りし行いました.
帝京大学の河村先生や生徒の方々には大変お世話になりました.
環境試験の詳しい内容は,後日更新させていただきます.

また,3月8日には,CDRがありました.
共同開発をしているJAMSATやJAXAの方々等,たくさんの意見を頂きました.
FMに向けて,検証項目の洗い出しができ,自分たちでは気付かなかったことなど
発見もあり,有意義な時間となりました.

で,現在はというと...
・FMに向けたソフト開発
・長期運用のための準備
・FM製作準備


といったところです.FMはEMでの経験を活かし,大幅な遅れがないよう
開発を進めていきたいと思います!!

一人でブログを書こうとするとネタも尽きてしまうので,今後は回していこうと思います.

次回は,M1の山田君お願いします!!

ps:現在,NEXUSには,M2が5人,M1が1人,B4が3人,B3が2人と体制が変わっております.
   こちらも後日紹介していきます.
   前PMだった鈴木(通称:BOBさん)が卒業し,現在ではPMを山口に引き継ぎました.

Category: General
Time: 16:11
Author: nexus
こんにちは

M2の鈴木です

最近気温が高く夏みたいな日が続いていますね

そんな中先日,日大の校舎でJAMSATの方々の力を借りつつアンテナの特性試験を行いました.

null null
null null

この試験では,衛星に搭載するアンテナの指向性の特性を確認し,
回線設計で問題ないかを検証する試験です.

試験をしてみて,衛星の筐体自体がやはり,電波放射に影響を与えていることが視覚的にも
感じ取れたのでかなり有意義な試験だったと思います.

現在は試験データの解析を進めており,

まだ,試験しきれていない分の試験を近々行っていきたいなぁと思っています.

試験に参加してくださった皆様
暑い中大変ありがとうございました.



Category: General
Time: 01:10
Author: nexus
こんにちは

M2の鈴木です

昨日JAXA筑波宇宙センターで,Phase0/1の安全審査を行ってきました!

現在のNEXUSの学生メンバーで初の安全審査ということもあり
なかなかドキドキでした.(写真は研究室のBlogにあるので省略します)

Phase0/1の審査では,打ち上げや地上作業で起こり得るハザードをちゃんと識別できているかという
点が審査のポイントになっています.

今回の審査では一部を除いて,無事終えることが出来たと少しホットしています.

今後は,識別したハザードの対処がちゃんとできているかをEM等を使って検証するという段階になるので
気を抜けませんね...

安全審査以外で言いますと,アンテナ関連の試験の準備を進めたり

アンテナ試験用筐体

引き続きEPSの真空試験を続けてるといった感じで

一歩一歩着実に抜けが無いよう進めていきたいです!

Category: General
Time: 16:08
Author: nexus
こんにちは

M2の鈴木です

先日EPSの試験で電源の電圧を変圧させるためのレギュレータの温度が
高温になる可能性があり、厳しいのではないかという議論になり、現在真空槽を用いた
真空環境試験を行っています。

真空槽で頑張る人たち 真空槽試験装置
宇宙空間は地上とは異なり空気がない言わば”真空”環境です。

地上で動くものは空気による対流によって放熱をするという設計が良くされますが
宇宙空間ではこの対流による放熱ができません。
そのため、基板に熱を逃がすとか、金属パーツに熱を逃がすなどの対策が必要になってきます。

このような宇宙環境や、打ち上げの環境を模擬して行う試験を環境試験といいます。

今後もたくさんの環境試験を行って行くと思うので、
開発の過程は随時更新していきたと思います。

04/22: EPS試験

Category: General
Time: 18:16
Author: nexus
こんにちは
M2の鈴木です。

今日のNEXUSはJAMSATの方の力を借りながら
EPSの試験を行っています。
EPS試験EPS試験

EPSは衛星の中でも最重要と言っても過言ではないサブシステムなので
慎重に開発しなければならないです。
ちなみに現在のEPSは電圧のドロップとの戦いです(汗

衛星等様々なものの設計にいえる事かとは思いますが
設計は最悪値状態(一番悪い状態)を考慮した上で行わなければなりません。
通常状態で設計を進めた場合トラブルが起きたときに対応できなくなってしまうからです。
いかに最悪な条件を考えつつ設計するかが重要です。
そういった設計・開発をちゃんと進めていきたいと思います。

来週には安全審査がありNEXUSの開発でも重要な場になるかと思いますので
万全の状態で審査に挑みたいと思います。



Category: General
Time: 12:32
Author: nexus
こんにちは

M1の鈴木智大です.

各地では,桜もだんだんと咲き始めてるようで,春の陽気が感じられる季節になりました.

先日,日大の卒業式があり,NEXUSメンバーであったMr.tamura が卒業されました.

新年度とともに,新たなメンバーも増え,新開発体制でNEXUSの開発を進めていきたいと思います.
新しい,開発メンバーはブログを通して紹介させていただければと思います.


さて,ここで重大な発表があります!!!

JAXAの革新的衛星技術実証1号機のテーマとしてNEXUSが新たに選定されました.
従いまして,平成29年度に打ち上げが予定されているイプシロンロケットによって
打ち上げることになりました.(http://www.kenkai.jaxa.jp/pickup/kakushin_2.html

この衛星はJAMSATを始め,多くの方のお力添えを受けて開発しており,
今後,安全審査や,開発等乗り越えなければならない壁がたくさんありますが,
「成功させるためには何をしなければいけないのか」と
しっかり考えながら一つ一つ着実に壁を突破していきたいと思います.


ひとまず,打ち上げの内定が決定したこの御報告をさせていただきました.

今後とも,NEXUSを宜しくお願い致します.

以上,次回は新規メンバーの中村君お願いします.

Category: General
Time: 02:17
Author: nexus
はじめまして.

学部4年の小野です.

11月にNEXUSのメンバーに加わりました.よろしくおねがいします!

さて,最近の活動は,NEXUSの仕様書作りがメインです.というかそれしかできていませんね.
仕様書を作るのに皆で手分けして作業に当たっているといった具合です.仕様が決定していない部分も多々ありますが,仕様書(案)としてたたき台をつくるために頑張っています.

仕様書を作るのと並行して鈴木君と高坂君が電源系の再設計を行ってくれました.その電源系の試験を近頃行う予定です.その計画書をミーティングで見たのですが,確認しなければならないことがかなりの量でした.シフト制で実験という形になりそうです.メンバー全員で手分けして行いたいと思っています.

明日は,SDRの件で拓殖大学に菊池君,山口君,鈴木君が拓殖大学に伺うようですのでそのことを次回のブログに書いてもらえると思います



Category: General
Time: 00:34
Author: nexus
こんばんは
お久しぶりです.

学部4年の鈴木です.

長らくブログが更新されていませんでした.すみません...
これからはちゃんと進捗報告をしていきます!!

ということで,ブログを更新していなかった間,
の出来事をざっと紹介します.

NEXUSでは,新メンバーの学部4年小野,学部2年中村が参加しました.

小野 中村

BBM統合の際,致命的なミスを発覚し,設計変更を行いました.

統合中

そして,現在では,NEXUSの仕様書を作成中&BBM統合で見つかった致命的なミス(EPS)を改善するため設計の変更し動作検証をしている最中です.
致命的なミスというのは,具体的に,EPSの電源(バッテリ)から各サブシステムを動作させると,すぐに省電力モード(バッテリの残量がないと判断した場合のモード)に入ってしまい,思うような動作が起きないといった現象です.
原因は,逆流防止用のダイオードでの電圧降下が,消費電流の増加に伴って大きくなり,省電力モードに入ってしまったようです.しかも,ダイオードは温度によって電圧降下が変わるため選定には注意が必要だということがわかりました.


電源系は絶対に失敗できないサブシステムの1つですので,慎重に開発を進めていきたいと思います.
(しかし,実際問題,悠長に進めていては試験等が終わらなくなるので優先順位を見極めながら進めていきたいと思います.)

話は変わりますが,今日から,バッテリ放電確認試験を開始しました.

バッテリ放電確認試験

打ち上げ機関への引き渡し後,バッテリが許容レベルを下回るまで自由放電しないことを確かめるために行います.
これから,6か月間の間,バッテリの残量を毎日?測定します.

充電が必要にならないこと祈るばかりです...

それでは

次のブログ更新は小野君お願いします.

Category: General
Time: 03:00
Author: nexus
こんばんは.

秋も深まってだんだん寒くなってきた時期
皆さまどうお過ごしでしょうか?

さて,私は今,nano-satellite symposiumという国際学会に参加するために
ブルガリアに来ています.

ブルガリアは寒いです...
完全に服装を間違えました...

昨日学会の開会式があり,その一環でブルガリアの伝統芸(?)を拝見いたしました.
そして本日発表があり,NEXUSについて発表してきました.
(英語の発表は難しいです...)

ブルガリア伝統芸1ブルガリア伝統芸2発表

学会では各国の衛星開発や,新しい宇宙利用など様々なことを聞けて楽しかったです.

明日は,学会と同時に開催されるDeorbit device competition
M2の多田さんが発表するので楽しみです.

以上
M1の鈴木でした.