こんばんは
お久しぶりです.

学部4年の鈴木です.

長らくブログが更新されていませんでした.すみません...
これからはちゃんと進捗報告をしていきます!!

ということで,ブログを更新していなかった間,
の出来事をざっと紹介します.

NEXUSでは,新メンバーの学部4年小野,学部2年中村が参加しました.

小野 中村

BBM統合の際,致命的なミスを発覚し,設計変更を行いました.

統合中

そして,現在では,NEXUSの仕様書を作成中&BBM統合で見つかった致命的なミス(EPS)を改善するため設計の変更し動作検証をしている最中です.
致命的なミスというのは,具体的に,EPSの電源(バッテリ)から各サブシステムを動作させると,すぐに省電力モード(バッテリの残量がないと判断した場合のモード)に入ってしまい,思うような動作が起きないといった現象です.
原因は,逆流防止用のダイオードでの電圧降下が,消費電流の増加に伴って大きくなり,省電力モードに入ってしまったようです.しかも,ダイオードは温度によって電圧降下が変わるため選定には注意が必要だということがわかりました.


電源系は絶対に失敗できないサブシステムの1つですので,慎重に開発を進めていきたいと思います.
(しかし,実際問題,悠長に進めていては試験等が終わらなくなるので優先順位を見極めながら進めていきたいと思います.)

話は変わりますが,今日から,バッテリ放電確認試験を開始しました.

バッテリ放電確認試験

打ち上げ機関への引き渡し後,バッテリが許容レベルを下回るまで自由放電しないことを確かめるために行います.
これから,6か月間の間,バッテリの残量を毎日?測定します.

充電が必要にならないこと祈るばかりです...

それでは

次のブログ更新は小野君お願いします.