こんにちは

M2の鈴木です

先日EPSの試験で電源の電圧を変圧させるためのレギュレータの温度が
高温になる可能性があり、厳しいのではないかという議論になり、現在真空槽を用いた
真空環境試験を行っています。

真空槽で頑張る人たち 真空槽試験装置
宇宙空間は地上とは異なり空気がない言わば”真空”環境です。

地上で動くものは空気による対流によって放熱をするという設計が良くされますが
宇宙空間ではこの対流による放熱ができません。
そのため、基板に熱を逃がすとか、金属パーツに熱を逃がすなどの対策が必要になってきます。

このような宇宙環境や、打ち上げの環境を模擬して行う試験を環境試験といいます。

今後もたくさんの環境試験を行って行くと思うので、
開発の過程は随時更新していきたと思います。