皆さま,こんにちは!
はじめまして,電源系担当の修士1年山田です.

昨年度からNEXUSプロジェクトに参加しています.よろしくお願いします!


前回の更新にもありましたが,NEXUSはEMが完成し,一通りの環境試験を行こない,
CDR,安全審査Phase2を通過しました.

現在は,FMに向けたソフトウェアの統合,長期運用試験の準備,環境試験の準備等を
並行して行っています.これらの詳細は後日紹介する予定です.


今回からは,前回の更新にもあった通り,EMで実施した各環境試験の詳細を紹介しようと思います!


【振動試験】
最初に行ったのは,振動試験です.振動試験の目的は
ロケット打ち上げ時の振動に衛星が耐えられるかどうか」を検証することです.
ロケット側から与えられた振動条件を満たすような振動を,衛星に与え,構造の破壊が起きないか,電子機器の不具合が生じないかを確認する試験です.

今回はEMでの試験なので,実際の振動レベルよりも少し大きいレベルの振動を与え,衛星が破損しないか,電子機器が不具合を生じないかを確認しました.


具体的には以下の3種類の試験を行いました.

・正弦波振動試験
・ランダム振動試験
・サインバースト試験


また,それぞれの試験の前後に「モーダルサーベイ試験」という,試験を行いました.
これは,比較的低い加速度レベルの振動を与え,衛星の固有振動数を探る試験です.各試験の前後で「モーダルサーベイ試験」を行い,固有振動数が変化していないか確認することで,目視で確認できない,衛星内部の構造が破損していないかを確認します.

昨年12月15日に振動試験を,東京都立産業技術センターで実施しましたが,
サインバースト試験で試験機の不具合が起きてしまい,予定の時間内にすべての試験を
行うことが出来なかったため,12月28日に再度,試験を実施しました.

null null


その結果,電子機器の不具合は生じないことが確認できたのですが,ネジ類の緩み止めが甘く,ネジが数か所緩んでしまったため,再度試験を行うことに...

ネジ類の緩み止めを,高強度のものに変更し,今年の2月14に再試験を,IMV東京テストラボで実施しました.
その結果,各試験での固有振動数の変化もなく,ネジ類の緩みも発生していなかったので,
無事,NEXUSは振動試験を通過することができました!!

null null


紆余曲折ありましたが,これで,NEXUSは「ロケット打ち上げ時の振動に耐えられる」ことが確認できたので,安心して宇宙に打ち上げることが出来ます!

自分も含め,ほとんどのメンバーが,初めての振動試験だったので,最初は不安もありましたが,なんとか,EMの振動試験を通過したので,一同ホッとしました.


次回は衝撃試験について,学部4年の中村壮児君,よろしくお願いします!