Archives

You are currently viewing archive for 04/2008
Category: Topics
Time: 13:12
Author: seeds master
 4月1日に、SEEDSの最終チェックのために、M2の山崎君とM1の片山君がインドへと旅立ちました。
Yamazaki & Katayama

 今回は東工大の学生も一緒で、シンガポール経由でインドのチェンナイに無事についた模様です。
シンガポール空港にて インド

 また、先ほど連絡がありトロント大学のメンバーとも合流し、これからサティシュダワン宇宙センターに向かうそうです。
 現在のところ、PSLV-C9の打ち上げは4月下旬に予定されています。ただし、確定ではありませんので変更になる可能性があります。

 やっと、SEEDSもインドに輸送され、今度こそ宇宙から電波が送られてくることを楽しみにしつつ、気を引き締め、万全の体制で打ち上げに臨みたいと思います。

Category: Topics
Time: 00:52
Author: seeds master
 ナマスカール!!インドからこんにちは♪(ナマスカールとはナマステの正式な形らしいです!)
 まだ正確な打ち上げ日は決まっていませんが,打ち上げ前の最終チェックと衛星引き渡しのためM2の山崎とM1の片山がインドにやって来ました!
日本からシンガポールを経由してインド南部のチェンナイに到着し,本日4月2日(インドと日本の時差は約3時間!なので,日本ではすでに4月3日の様ですが...),オペレーションのためISRO(Indian Space Research Organisation)の打ち上げ基地のあるSDSC-SHARに移動して来ました.SDSC(Satish Dhawan Space Centre)は,チェンナイしないから約100kmの距離にある場所です.
 本日の作業は,オペレーション前のミーティングとSDSCのクラス10万のクリーンルームを拝見させて頂き,そこにオペレーションに必要な装置を運んで終了しました.
というわけで,明日から本格的に打ち上げに向けてのオペレーションを行っていきます!写真は,インドチェンナイ市内のもの凄い人の多さと,ISROでの宿舎での写真です.セキュリティが厳しいのであまり写真が撮らせてもらえません...
ISRO宿舎

インドチェンナイ市内

Category: Topics
Time: 02:15
Author: seeds master
こんばんは!本日、午前に久々にSEEDSに対面することができました。
 SEEDSは日本を旅立ってカナダのトロントで試験を行い。さらに、
ドイツを経由してインドのSDSCにほぼ地球を一周して到着しました。
 SEEDSは放出機構であるXPODとともに厳重に管理されたインド政府の
トラックで運ばれてきました。

午後からはSEEDSをXPODから取出し、オペレーションを開始しました。
現在順調にSEEDSの最終チェックを行っています。
明日も、引き続きSEEDSのチェックを行っていきます。
明日は、作業風景を紹介できると思います。
ぜひ、明日もBlogに足を運んでいただければと思います。

Category: Topics
Time: 10:35
Author: seeds master
 インド組の2人から送られてきたメールを転載したいと思います。

---ここから---

 インドの山崎と片山です.
 本日4月3日,SDSCのクリーンルーム内でのSEEDSの動作チェックを開始しました.今のところ,チェックは順調です.

 政府の車によって厳重に各国の衛星が運ばれて来て,それぞれに引き渡されました.
その後,XPODから取り出して,動作チェックを開始したという感じです.
 SDSC内では,自分たちで写真が撮れないのでその状況を見せる事ができないのですが,クリーンルーム内にインド人のカメラマンさんがいたので,色々と撮っていただきました.明日には,その状況を写真でお伝え出来ると思います.
 こちらでの1日は,朝7時半に朝食,9時からオペレーション,11時にティータイム,1時に昼食,5時オペレーション終了という形です.
 ここではなんだか,ゆったりと時間が流れています...

 写真は,SDSC内での朝食と職員の方々との写真(たぶんインドの方々と仲良くなれた..?)です.
null


 ちなみに,SDSC内では携帯電話の電波がないようなので,携帯が使えません.
 明日は,動作チェック,充電を完了させたいと思います.
 それでは,また明日も頑張って来ます!

---ここまで---

 インドからの情報は基本的にメールで得ています。今後も情報を更新していきますので、Blogを是非見て下さい。

Category: Topics
Time: 22:31
Author: seeds master
こんにちは!今,SDSC内のクリーンルームでSEEDSの動作チェックを行っています!
今日から,クリーン内でもネットが使えるようになりました.というわけで,SDSCクリーンルーム内から山崎と片山がお伝えします.

作業は順調に進んでおり,残すは充電のみとなりました!現在,SEEDSの充電器を用いて充電中です!煌煌と赤いランプがついています!(知っている人は知っている...?)
先程,インドの偉い方々が今回打ち上げる衛星の視察にやってこられました.我々SEEDSの事も少しは知って頂けたと思います!

引き続き,オペレーションを続けて行きたいと思います!!それでは,インドから山崎と片山がお伝えしました!ではでは!ナマステ-!←(さようならという意味もあるらしい...)

Category: Topics
Time: 00:52
Author: seeds master
インドから4日目の報告です!!我々日大の二人も,インドの環境にはずいぶんと慣れて来ました!体調も万全ですね!(←日本より調子がいい??)一緒に行った東工大のチームも衛星も体調も順調のようです.
昨日は,残りの動作チェックを行いました.作業は順調に進み,最後にSEEDSの充電を行ったのですが,オペレーション終了の時間になってしまい,途中で充電をやめてたという感じです.
そうそう,ISRO帽子を頂きました!(←カッコいい!!)
ISRO Cap

今日は,朝から会議がありました!自己紹介から始まって,それぞれの衛星の説明をして,質疑応答という感じです!その後,残りの充電を済ませて本日の作業を終了しました.
さらにさらに,今日は,打ち上げロケットの一部分が完成??したそうでお祝いに参加しました!運搬用のトラックの前で裸足になって皆でココナッツを割る??というのがインド風のお祝いのようです!!お祝いの品として,美味しいお菓子を頂きました.
こちらでの作業は,明日から二日間お休みに入ります!フレディ(打ち上げのコーディネータの方)がどこかに連れてってくれるらしい...where??
International meal

衛星の写真をお見せする予定でしたが,まだ貰えてません...
火曜日くらいになるとか...なんとか...早く皆さんにお見せしたいところです.
というわけで,本日は,僕たちの料理を作ってくださっている方達や,御飯を中心にお届けします.
厨房に潜入して色々お話を聞いて来ました!彼は仲間からチャイマスター(チャイ:お茶の一種)と呼ばれていました.いつもおいしい御飯をありがとうございます.

Category: Topics
Time: 00:40
Author: seeds master
ワナッカム!!(←こんにちはという意味らしい)
フライトオペの最中でしたが,インドの休日と祝日に当たり2日間の休みをとらされることとなりました.トロント大のフレディ先生がツアーもコーディネートしてくれました.

まず,クロコダイルバンクへ.
暑さでみんな動きが止まってます.なんかだるそうです.

次に,バンチャーラタ(五つの神の乗る山車)に行きました.インド文化の元って感じです.(世界遺産)

次に,ショアテンプル(海岸寺院).海の香りがいい感じ.

次にバターボール,もちろん押してみました!動きません..

最後はシーフード.



Category: Topics
Time: 23:00
Author: seeds master
休日二日目です.
今日は,チェンナイしないの教会に行きました.荘厳な雰囲気...

次に御飯.今日はかなりインドショックを受けました.バナナの皮の上に料理をおいて,右手で食べる.カルチャーショックです...


最後は,市内でショッピング.いっぱい値切りました.
インドに来てから初めて東工大の人以外の日本人に逢いました!
(しまった! 写真撮り忘れました...)
二日間バスを運転してくれた運転手さん.

SDSCに帰宅.明日からまた,打ち上げに向けての準備です!


Category: Topics
Time: 22:55
Author: seeds master
本日から,通常通りクリーンルームでの作業を開始しました.
チェックは全て終了しているので,本日は写真撮影です.写真は後日頂けるそうなので,お待ちください.
皆様から頂いたメッセージもちゃんと,SEEDSと共にインドに来ています!
この後,XPDOに入れていよいよロケットに搭載です.


Category: Topics
Time: 19:20
Author: seeds master
昨日,ランチパッドを見せて頂きました!搭載されるロケットの前で記念撮影も.(写真撮影は基本的に禁止ですので,後日頂けると思います.)ここが,宇宙への入り口なんですよね.本当に私達の衛星が打ち上げられるんだなとしみじみと感じました.

さてさて,本日は,SEEDSのデータポートにカプトンテープを貼り,XPODに搭載しました.これで,ほぼ,私達のフライトオペは完了です.残すは,明日フライトピンを抜くのみです!XPODのロケットへの取り付けはトロント大の方が担当されます.XPOD搭載前,最後のSEEDSの撮影も行ったのですが,後日お見せできると思います.
本日は,フライトオペの最初の3日間を頂きましたのでご覧ください.

これは,私達が作業しているクリーンルーム!


SEEDS


SEEDSとCute1.7+APDⅡ


SEEDSとXPOD


Category: Topics
Time: 23:00
Author: seeds master
今日,SEEDSのフライトピンを抜きました!これで全ての行程を無事終える事が出来ました.
私達のフライトオペは全て完了です.
間近で見る最後の"SEEDS"を手に取りながら,「無事に宇宙に行って来いよ.」とXPODの上から声をかけました.その瞬間,心なしか,SEEDSがキラリと光りました.
片山はフレディに言いいました.「SEEDS ready to go Space!」 そして,山崎はフレディーと握手を交わしました.やがて,SEEDS(種)がSPROUT(芽)をだすことを願って今日の作業を終了します!
Go to Space! 私達のSEEDSは皆の夢をのせて,宇宙に旅立ちます.

ところで,昨日は,ジャパニーズフードパーティーが開かれました.スープの代わりに日本チームが持って来てくれたカップラーメンをサーブして頂きました!みんな美味しく食べてくれました! Taste good!!

そうそう,Delfi-C3やCompass-1,AAUSAT-2など半分以上の方がフライトオペを終了し母国に帰国しました.私達も,もうすぐ日本に帰国する予定です.



Category: Topics
Time: 21:43
Author: seeds master
 先ほど、インドに最終チェックに行っていた2人が無事に帰国してきました。
null

 研究室でインドでのことを話したりして、解散となりました。2人ともお疲れ様でした。
 インドでの作業も終了し、後は打ち上げを待つばかりとなりました。

 打ち上げの最新情報については、随時更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。
 
 

Category: Topics
Time: 09:59
Author: seeds master
インドから帰って来て早くも1週間が経とうとしています.インドではロケット側の打ち上げの準備は着々と進められているようです.
昨日,フライトオペの時の写真を頂く事が出来ましたのでアップしたいと思います.

これは,4月3日目に行われた作業の模様です.XPODに搭載されてインドにやって来たSEEDSをXPODから放出(XPODから出して動作チェックを行う)するところです.
信号投入後何秒で放出されるかをフレディが計っています.

こちらは,インドでフライトオペをしている風景です.

所変わって,こちらはPSLV-C9の前で記念撮影.(実際にフェアリングの部分まで行く事ができました.)それから,インドの記念式典.


私達の衛星もXPODに搭載されてフェアリング部に搭載されたようです.

今後も,日本からの打ち上げ日や地上局の準備等を更新して行きますので今後ともSEEDSblogを宜しくお願いします.
また,打ち上げ当日には,先生と学生が現地に行き,情報をお伝えする予定です.

東工大側のインドでのフライトオペは完了したそうです.日大チームが去った後も,東工大チームがフライトオペの状況と共にSEEDSの状況をブログの一部分でお伝えしてくれました.情報ありがとうございました.

Category: Topics
Time: 00:28
Author: seeds master
SEEDSの打ち上げに関してアナウンスがありましたのでお知らせします.

打ち上げ予定時刻:
 2008年4月28日 03時53分 (UTC)
 2008年4月28日 12時53分 (JST)
打ち上げ場所:
 インド サティシュダワン宇宙センター
日本大学地上管制局での初パス(AOS時刻):
 2006年7月27日 18時51分44秒 (JST)

現段階でのSEEDSの予定軌道要素は,
SEEDS
1 XXXXXU 08XXXXXU 08119.17465972 .00000000 00000-0 00000-0 0 0000X
2 XXXXX 97.9533 178.9040 0004500 6.0427 209.0053 14.7954000000001X

となっております。最新の軌道情報については更新され次第,随時更新していきます.
また,SEEDSのダウンリンク周波数は,CW・FM共に同じ周波数を使用しています.
 CWビーコン:437.485MHz モールス信号
 FMテレメトリ:437.485MHz AFSK 1200bps / AX.25

PSLV-C9の打ち上げでは,主衛星にインドのCartosat-2と他2機の衛星と,カナダのUTIAS/SFLがコーディネートするNLS-4としてSEEDSを含む下記の6機の衛星が打ち上げられます.

 SEEDS (日大・日本)
 Cute-1.7+APD II (東工大・日本)
 CanX-2 (トロント大・カナダ)
 Delfi-C3 (デルフト工科大・オランダ)
 AAUSat-II (オールボー大・デンマーク)
 COMPASS-1 (アーヘン工科大・ドイツ)

合計10機の衛星が軌道に投入される予定です.

日本からは,東京工業大学さんのCute-1.7+APD IIと日大のSEEDSが打ち上げられます.共にアマチュア衛星なので,是非受信して頂ければ幸いです.

打ち上げ日時などはインド側の作業の進捗・天候などに左右され,直前まで変更の可能性がありますので,ご了承下さい.

打ち上げ情報など随時更新していきますので,今後とも宜しくお願いします.

Category: Topics
Time: 00:49
Author: seeds master
PSLV-C9のMRR (Mission Readiness Review)が無事に終了したようです.
打ち上げに向けての準備が着々と進行しています.

研究室のブログにも紹介されていましたが,SEEDSの打ち上げカウントダウンの表示を慌ただしく製作しています.まだ,テスト版ですが,若干こちらよりバージョンアップしました.
カウントダウン


打ち上げが間近に迫ってきて緊張してきましたが,ここからが勝負だと思い,気を引き締めて打ち上げ当日を迎えたいと思います.

Category: Operation Report
Time: 08:58
Author: seeds master
こちらの”Operation Report”カテゴリーにてSEEDSの運用結果を逐次公表していきます。
運用結果のみを参照したい方はOperation Reportカテゴリーのみを表示を選択するか,
地上局ウェブサイトの運用結果をご覧下さい。

それでは、打ち上げを楽しみにお待ち下さい。

Category: Topics
Time: 20:59
Author: seeds master
こんばんは、打ち上げ立会隊の片山です。

PSLVC9の打ち上げに立会うため、再び修士の片山と宮崎先生は日本を出発し、
途中、カナダからのVIP(大使館の職員・カナダ宇宙庁の職員)と合流して、
無事に打ち上げ場のあるサティシュダワン宇宙センター(SDSC)に到着することができました。

今後は、打ち上げに関する詳細な情報を現地から皆様へお送りしたいと思っております。
ぜひ、SEEDSのサイトならびに、研究室のサイトをご覧ください。


SDSCがあるスリハリコタ島まであと17キロ


やっと到着!SDSCの正面ゲート



googleMapよりSDSCの場所

大きな地図で見る

ズームを引いて宇宙センターの位置を確認してみてください。

Category: Topics
Time: 03:01
Author: seeds master
SEEDSのダウンリンクデータ解析ソフトをこちらに公開しました.

公開が遅れてしまい,大変申し訳ございません.

また,テレメトリフォーマットは,こちらに公開しています.

SEEDSは,CW・FM共に同じ周波数を使用しダウンリンクを行います.
 CWビーコン:
    437.485MHz モールス信号 出力110mW
 FMテレメトリ:
    437.485MHz AFSK 1200bps / AX.25 出力450mW

最新の軌道要素は,
SEEDS
1 XXXXXU 08XXXXXU 08119.17526667 .00000000 00000-0 00000-0 0 0000X
2 XXXXX 97.9521 179.1184 0004570 8.6293 206.4181 14.7957000000001X
となっています.


Category: Topics
Time: 22:16
Author: seeds master
Count down

ついに,打上げまで15時間をきりました!!

India

インドに打上げを見に行っている,先生・片山君も仲良さそうで,うらやましいです...

Category: Topics
Time: 01:25
Author: seeds master
こんばんは インドからお送りします。

打ち上げまで12時間を切りました。
昨夜(26日)、発射台に設置されたPSLV-C9を
見学にしてきました。
PSLVはライトアップされており、幻想的な雰囲気の中、
着々と作業がすすめられていました。

いよいよ、明日の朝、(日本では今日のお昼)に
PSLV-C9によって世界の10個衛星とともに
SEEDSは打ち上げられる予定です。

ちなみに、今まで使用していたセキュリティーパスから
打ち上げ用のセキュリティーパスに変更になりました。

Category: Topics
Time: 04:04
Author: seeds master
打ち上げまで後9時間を切りました。
打ち上げ前の準備も終わり、今頃、プロジェクトメンバーは本番に備えて休息を取っているでしょう。

ホームページTOPのカウントダウンをアップグレードしました。
PSLVの打ち上げからSEEDSの放出までシーケンスの様子が表示されるようになっています。
打ち上げシーケンスの様子をWebでも楽しめるようになっていますので、打ち上げ時はぜひご覧下さい。

http://cubesat.aero.cst.nihon-u.ac.jp



Category: Topics
Time: 08:09
Author: seeds master
打ち上げまで5時間を切りました.

現在の予定軌道要素は,
SEEDS
1 XXXXXU 08XXXXXU 08119.17526667 .00000000 00000-0 00000-0 0 0000X
2 XXXXX 97.9521 179.1184 0004570 8.6293 206.4181 14.7957000000001X
です.
SEEDSの送信周波数は,CW/FM共に,
 437.485MHz
を使用しています.

Category: Topics
Time: 13:43
Author: seeds master
打上げ成功!!

PSLV C-9 打上げ成功!!
SEEDSはインドのSDSCよりPSLV C-9によって打ち上げられました。
PSLV-C9の打上げは無事成功。

無事放出されていれば、SEEDSはXPODから放出され初期シーケンスを実行しているはずです。

現在、日大地上局では、インドからのXPOD放出確認を待っているところです。
放出確認のデータは約1時間後にインドから送られてきます。
放出確認が取れ次第ブログで公開します。


Category: Topics
Time: 14:01
Author: seeds master
たった今、SEEDSのCWが聞こえたという連絡がきました!!

Category: Topics
Time: 14:10
Author: seeds master
SEEDSのCWが聞こえたということはSEEDSはXPODから無事放出され、
無事アンテナが展開されている可能性が非常に高いということになります。

引き続き最新情報を更新していきます。

SEEDSが日本上空を最初に通るのは18:52:36(JST)です。

Category: Topics
Time: 14:37
Author: seeds master
今、インドから連絡があり、SEEDSがXPODから放出されたことが確認されたそうです。
SEEDSのCWがデコードできた人もいるらしく、SEEDSのアンテナ展開が成功していることは間違いなさそうです!!

日本上空を通るパス 
AOS 18:52:36(JST)~

Category: Topics
Time: 15:55
Author: seeds master
他局で取得できたSEEDSの音声データを送信してくれました。
CWの音声データはこちらです。

CW音声データ

日本上空を通るパス 
AOS 18:52:36(JST)~

Category: Topics
Time: 16:10
Author: seeds master
こんちは インドからお伝えします。

片山と宮崎先生はミッションコントロールセンター(MCC)から
打上げを見学させていただきました。

いよいよ、10秒前、スクリーンに見える赤いラベルが
どんどん緑色に変わっていきます。

5・4・3・2・1、、そして、発射!

白煙をあげてPSLVはゆっくりと上昇していきます。
VIPから拍手もおきて、静まり返ったMCCからお祭りムード一色に!

数秒後、ごーっと地響きのような音がMCC内に響きわたり、
さらにVIPから拍手が湧き上がりました。

打上げはすべて無事に終了し、PSLV-C9は成功しました。
そして、10個の衛星は無事に放出されました。

ついに、SEEDSが宇宙に到着しました。

ISRO関係者から”おめでとう”と声を掛けてもうらう
たびにSEEDSが宇宙に到着したこと実感しております。

まだ、予断を許さない状態ですが打上げが成功して
本当にうれしいです。

本当にみなさん本当にありがとうございました。
これからもご協力のほどよろしくお願いいたします。

Category: Topics
Time: 16:14
Author: seeds master
他局にて受信したSEEDS CWの解析データです。
SEEDSは良好に動作しているようです。

同時に打ち上がった東工大のCute1.7+APD IIも良好のようで、まずは成功といったところでしょうか?

次は最初のパスを必ず成功してみせます!

JQ1YGU SEEDS G0 CF8 FFE

***********************************************
SEEDS Downlink Code for Ham Operators
***********************************************

Data Type: CW Test Data

UTC Time: 2008/04/28 05:35:36
Local Time: 2008/04/28 14:35:36

CW Code:
JQ1YGU SEEDS G0 CF8 FFE

-----------------Voltage Data-------------------

Li-ion Battery Voltage(3.6[V]): 4.053 [V]
Bus Voltage(5.0[V]): 4.998 [V]

Thank you foy your cooperation!!


JQ1YGU SEEDS G0 D46 FFE

***********************************************
SEEDS Downlink Code for Ham Operators
***********************************************

Data Type: CW Test Data

UTC Time: 2008/04/28 05:36:39
Local Time: 2008/04/28 14:36:40

CW Code:
JQ1YGU SEEDS G0 D46 FFE

-----------------Voltage Data-------------------

Li-ion Battery Voltage(3.6[V]): 4.148 [V]
Bus Voltage(5.0[V]): 4.998 [V]

Category: Topics
Time: 18:09
Author: seeds master
インドから報告します。

インド宇宙研究機関より公式発表がされました。

以下のサイト(英語)から今回の打ち上げ成功の詳細が
閲覧できます。
http://www.isro.org/pressrelease/April28_2008.htm

Category: Operation Report
Time: 20:17
Author: seeds master
18持52分、初パスでした。
残念ながら日大ではデコードできませんでしたが、北海道工業大学、東京大学、アマチュア無線家の方々が受信、デコードしてくださったデータを頂きました。受信に協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

Category: Operation Report
Time: 21:00
Author: seeds master
20時24分、2回目のパスです。

デコード成功、アップリンクも通りました!!ついにSEEDSが衛星になりました!

-------------------------------------------------------------
AOS 20:24:57 ~ LOS 20:38:01

TLE
1 99999U 0800000U 08119.17524987 .00000091 00000-0 12595-4 0 00006
2 99999 097.9436 179.2166 0009169 288.2209 286.9445 14.78139617000019

Data Type: CW Test Data

UTC Time: 2008/04/28 19:28:06
Local Time: 2008/04/29 04:28:07

CW Code:
JQ1YGU SEEDS G0 D16 FFE

-----------------Voltage Data-------------------

Li-ion Battery Voltage(3.6[V]): 4.089 [V]
Bus Voltage(5.0[V]): 4.998 [V]

Category: Topics
Time: 21:05
Author: seeds master
20時24分、2回目のパスです。

デコード成功、アップリンクも通りました!!ついにSEEDSが衛星になりました!

祝い樽を割って、皆でお祝いです。

null

引き続き今日最後のパスの運用を行います。

次回のパス時間 22:03:09

Category: Operation Report
Time: 01:45
Author: seeds master
22時1分、3回目のパスです。

受信だけを行いました。
TLEがずれていたので、連続的にCWを取ることはできませんでした。
デコードできた文字は少しだったのですが、SEEDSを確認することができました。

引き続き、軌道確認を行っていきます。
今日のパスはこれで全て終了です。

-----------------------------------------------------------------
AOS 22:01:03 ~ LOS 22:11:22

試行したTLE
SEEDS+0
1 99999U 0800000U 08119.17524987 .00000091 00000-0 12595-4 0 00006
2 99999 097.9436 179.2166 0009169 288.2209 286.9445 14.78139617000019
SEEDS-2
1 99999U 0800000U 08119.17386098 .00000091 00000-0 12595-4 0 00006
2 99999 097.9436 179.2166 0009169 288.2209 286.9445 14.78139617000019

Data Type: CW Test Data

UTC Time: 2008/04/28 19:07:39
Local Time: 2008/04/29 04:07:39

CW Code:
JQ1YGU SEEDS G0 D43 FFE

-----------------Voltage Data-------------------

Li-ion Battery Voltage(3.6[V]): 4.144 [V]
Bus Voltage(5.0[V]): 4.998 [V]

04/29: TLE

Category: Operation Report
Time: 06:50
Author: seeds master
 現在NORADから発表されたTLEは以下のとおりです。
SEEDSがどのOBJECTなのかはまだ分かりませんが、
以下のTLEをそれぞれ試していこうと思います。

--------------------------------------------------------------
OBJECT A
1 32783U 08021A 08119.74471713 .00000646 00000-0 10000-3 0 77
2 32783 097.9225 179.6384 0029477 229.6045 130.2607 14.76318817 87
OBJECT B
1 32784U 08021B 08119.74294946 .00000720 00000-0 10000-3 0 50
2 32784 097.9994 179.7746 0014237 297.2464 062.7264 14.80922046 86
OBJECT C
1 32785U 08021C 08119.74307289 .00000355 00000-0 53159-4 0 75
2 32785 098.0015 179.7780 0013239 285.2851 074.6903 14.80605217 89
OBJECT D
1 32786U 08021D 08119.74292845 .00000721 00000-0 10000-3 0 60
2 32786 097.9975 179.7757 0012781 293.8324 066.1519 14.80982724 88
OBJECT E
1 32787U 08021E 08119.60769172 .00031487 00000-0 39999-2 0 35
2 32787 097.9942 179.6497 0015758 304.4393 055.5329 14.81479896 66
OBJECT F
1 32788U 08021F 08119.60765539 .00630470 00000-0 75468-1 0 47
2 32788 097.9887 179.6451 0014925 305.4565 054.5452 14.81737974 62
OBJECT G
1 32789U 08021G 08119.60769794 .00254175 00000-0 31161-1 0 41
2 32789 098.0002 179.6464 0018023 325.7523 034.2575 14.81526172 67
--------------------------------------------------------------

ちなみに1回目~3回目のパス時に使用していた予測TLEはこちらです。

1 99999U 0800000U 08119.17524987 .00000091 00000-0 12595-4 0 00006
2 99999 097.9436 179.2166 0009169 288.2209 286.9445 14.78139617000019

運用スケジュールのAOS、LOS timeはこちらをもとに計算されています。
また、運用の結果より、このTLEはかなりズレていることが予想されます。


Category: Operation Report
Time: 12:01
Author: seeds master
昨日の運用にてフェイズ移行が成功していたので、
SEEDSは衛星時間の初期化と共に無事CWLongモードに移行しました。
日大地上局でも、午前1回目のパスからLongモードのCWを受信することができました。

また、午前3回のパスではObjectBをSEEDSと考え追跡し、
3回とも問題なくCWを聴き取ることができました。
アンテナも自動制御でうまくいっていたので、
ObjectBがSEEDSであることはほぼ確定したとプロジェクトチームでは考えております。

午前のパスで受信したデータは現在解析中です。
解析が済みしだい更新いたしますので、お待ち下さい。

以下がObjectBのTLEです。
また、午前の運用で観測されたSEEDSの中心周波数からのズレは1300Hz付近でした。

Two Line Element(TLE)
------------------------------------------------------------------
OBJECT B
1 32784U 08021B 08119.74294946 .00000720 00000-0 10000-3 0 50
2 32784 097.9994 179.7746 0014237 297.2464 062.7264 14.80922046 86
------------------------------------------------------------------

Category: Operation Report
Time: 19:33
Author: seeds master
本日1回目のパスの解析データです。

TLEはObjectBのものを使用しています。

----------------------------------------------------------------------
Data Type: CW Long House Keeping Data

UTC Time: 2008/04/29 07:39:31
Local Time: 2008/04/29 16:39:31

CW Code:
JQ1YGU SEEDS G4 000A1CC4 D5B FFE 225 554 0A5 046 257 D63 A00 968 A5E A7C 11 0000 0001 0001 0001 07A4 06 40 34

---------------Voltage Data-----------------

Li-ion Battery Voltage(3.6[V]): 4.174 [V]
Bus Voltage(5.0[V]): 4.998 [V]

-----------Solar Cell Current Data------------

Solar Cell Current1: 67.766 [mA]
Solar Cell Current2: 161.026 [mA]
Solar Cell Current3: 23.467 [mA]
Solar Cell Current4: 12.472 [mA]
Solar Cell Current5: 73.518 [mA]
Solar Cell Current6: 392.471 [mA]

---------------Thermal Data----------------

Li-ion Battery1: 7.529 [deg]
Li-ion Battery2: 14.532 [deg]
FM & CW Transmitter: 0.277 [deg]
FM Reciever: 0.716 [deg]

----------------System Data----------------

Satellite Time: 66272.0 [s]
CW Transmitter Interval: 3 [s]
Relay Switch1: ON
Relay Switch2: OFF
Relay Switch3: OFF
MPU Reset Times (EPS): 0 [times]
MPU Reset Times (FMR): 1 [times]
MPU Reset Times (C&DH): 1 [times]
MPU Reset Times (CW): 1 [times]
Downlink Times: 1956 [times]
Uplink Times: 6 [times]
Release of Forced Charging Mode: OFF
Command Number: 64

--------------Shunt Circuit Data--------------

Shunt Mode: Auto Shunt Mode
Shunt ON

Category: Operation Report
Time: 19:40
Author: seeds master
2008/4/29 2回目のパスの解析データです。

----------------------------------------------------------------------
Data Type: CW Long House Keeping Data

UTC Time: 2008/04/29 14:11:51
Local Time: 2008/04/29 23:11:51

CW Code:
JQ1YGU SEEDS G4 000A1CC4 D4B FFE 224 554 0D5 046 157 D63 A00 968 A5E A7C 11 0000 0001 0001 0001 08A4 06 40 34

---------------Voltage Data-----------------

Li-ion Battery Voltage(3.6[V]): 4.154 [V]
Bus Voltage(5.0[V]): 4.998 [V]

-----------Solar Cell Current Data------------

Solar Cell Current1: 67.651 [mA]
Solar Cell Current2: 161.026 [mA]
Solar Cell Current3: 29.017 [mA]
Solar Cell Current4: 12.472 [mA]
Solar Cell Current5: 44.030 [mA]
Solar Cell Current6: 392.471 [mA]

---------------Thermal Data----------------

Li-ion Battery1: 7.529 [deg]
Li-ion Battery2: 14.532 [deg]
FM & CW Transmitter: 0.277 [deg]
FM Reciever: 0.716 [deg]

----------------System Data----------------

Satellite Time: 66272.0 [s]
CW Transmitter Interval: 3 [s]
Relay Switch1: ON
Relay Switch2: OFF
Relay Switch3: OFF
MPU Reset Times (EPS): 0 [times]
MPU Reset Times (FMR): 1 [times]
MPU Reset Times (C&DH): 1 [times]
MPU Reset Times (CW): 1 [times]
Downlink Times: 2212 [times]
Uplink Times: 6 [times]
Release of Forced Charging Mode: OFF
Command Number: 64

--------------Shunt Circuit Data--------------

Shunt Mode: Auto Shunt Mode
Shunt ON

Category: Operation Report
Time: 19:45
Author: seeds master
2008/4/29 2回目のパスで受信したCWの解析データです。

----------------------------------------------------------------------
Data Type: CW Long House Keeping Data

UTC Time: 2008/04/29 14:17:18
Local Time: 2008/04/29 23:17:18

CW Code:
JQ1YGU SEEDS G4 000AF522 D5E FFE 144 E9D 2C4 0EA B83 0FC 9FC 963 A61 A80 11 0000 0001 0001 0001 08DD 06 40 34

---------------Voltage Data-----------------

Li-ion Battery Voltage(3.6[V]): 4.177 [V]
Bus Voltage(5.0[V]): 4.998 [V]

-----------Solar Cell Current Data------------

Solar Cell Current1: 41.838 [mA]
Solar Cell Current2: 427.117 [mA]
Solar Cell Current3: 86.042 [mA]
Solar Cell Current4: 31.444 [mA]
Solar Cell Current5: 339.212 [mA]
Solar Cell Current6: 33.524 [mA]

---------------Thermal Data----------------

Li-ion Battery1: 7.717 [deg]
Li-ion Battery2: 14.765 [deg]
FM & CW Transmitter: 0.135 [deg]
FM Reciever: 0.527 [deg]

----------------System Data----------------

Satellite Time: 71811.0 [s]
CW Transmitter Interval: 3 [s]
Relay Switch1: ON
Relay Switch2: OFF
Relay Switch3: OFF
MPU Reset Times (EPS): 0 [times]
MPU Reset Times (FMR): 1 [times]
MPU Reset Times (C&DH): 1 [times]
MPU Reset Times (CW): 1 [times]
Downlink Times: 2269 [times]
Uplink Times: 6 [times]
Release of Forced Charging Mode: OFF
Command Number: 64

--------------Shunt Circuit Data--------------

Shunt Mode: Auto Shunt Mode
Shunt ON

Category: Topics
Time: 20:38
Author: seeds master
こんちは インドから送りします。

私たちはSDSC-SHARを昨日出発し、今、チェンナイ市内に宿泊しています。
インド国内のTVでもPSLV-C9の打ち上げ成功のNEWSが大きく取り扱われています。
実は、私たちも恥ずかしながら、NDTVというインドのテレビ局からの取材を受けました。
さらに!多くの新聞ではほぼ一面に打ち上げのことが取り扱われています。

null

インドの新聞の一面!

日本ではどうなんでしょうか?気になるところでもありますが!
インドでは商業打ち上げへ参入へや世界最多の衛星投入という記事が目立ちます!

Category: Operation Report
Time: 23:30
Author: seeds master
衛星が放出順どおりに並んでいたとしたら、
ObjectGがSEEDSである可能性が高いということで、
午後のパスではObjectGのTLEにて追跡しました。

各Objectの軌道が近いため、
どのTLEで追跡してもCWが聞き取れてしまうので、
軌道についてはまだ確定とは言えません。
午後のパスでは3回ともデコードに成功し、
最後のパスではCWLongが約3フレーム連続でデコードできました。

これまでのデータを解析したところ
SEEDSは電池電圧、バス電圧ともに十分な値を示しており、
太陽電池も十分に発電を行っているようです。

見たところSEEDSは元気いっぱいなようで、
連日の運用で疲れたプロジェクトメンバーに元気を分けてくれています。

引き続き、CW Long の受信を継続し、
軌道の確定と電力収支の確認を行っていきます。

午後のパスで得られたデータは現在解析を行っており、
解析が終わり次第更新していきます。


Category: Operation Report
Time: 11:59
Author: seeds master
本日1回目のパスはオブジェクトGにて追跡しました。
CW longがデコードできました。
解析データは以下の通りです。

Data Type: CW Long House Keeping Data

UTC Time: 2008/04/30 02:44:49
Local Time: 2008/04/30 11:44:50

CW Code:
JQ1YGU SEEDS G4 0016D095 DA2 FFC 607 9B0 0E8 0BC 2D0 140 9EB 92D A5F A89 11 0000 0001 0001 0001 0BF9 06 40 74

---------------Voltage Data-----------------

Li-ion Battery Voltage(3.6[V]): 4.260 [V]
Bus Voltage(5.0[V]): 4.995 [V]

-----------Solar Cell Current Data------------

Solar Cell Current1: 181.370 [mA]
Solar Cell Current2: 287.051 [mA]
Solar Cell Current3: 31.213 [mA]
Solar Cell Current4: 26.127 [mA]
Solar Cell Current5: 87.419 [mA]
Solar Cell Current6: 41.376 [mA]

---------------Thermal Data----------------

Li-ion Battery1: 8.518 [deg]
Li-ion Battery2: 17.281 [deg]
FM & CW Transmitter: 0.230 [deg]
FM Reciever: 0.102 [deg]

----------------System Data----------------

Satellite Time: 149518.0 [s]
CW Transmitter Interval: 3 [s]
Relay Switch1: ON
Relay Switch2: OFF
Relay Switch3: OFF
MPU Reset Times (EPS): 0 [times]
MPU Reset Times (FMR): 1 [times]
MPU Reset Times (C&DH): 1 [times]
MPU Reset Times (CW): 1 [times]
Downlink Times: 3065 [times]
Uplink Times: 6 [times]
Release of Forced Charging Mode: OFF
Command Number: 64

--------------Shunt Circuit Data--------------

Shunt Mode: Auto Shunt Mode
Shunt ON

Category: Operation Report
Time: 12:05
Author: seeds master
本日2回目のパスはオブジェクトEにて追跡しました。
中心周波数からのズレがオブジェクトGよりもひどくデコードできたものの、
明らかにおかしなデータが紛れており現在録音データを解析中です。

解析が済みしだいブログで公開いたしますので、お待ちください。

04/30: 最新のTLE

Category: Operation Report
Time: 12:14
Author: seeds master
現在公開されているTwo Line Elementは次の通りです。
次のパスで日大地上局はオブジェクトGを追跡しようと考えております。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
OBJECT A
1 32783U 08021A 08120.75678673 .00001694 00000-0 22748-3 0 137
2 32783 098.0013 180.7882 0013286 280.5871 079.3829 14.80607157 222
OBJECT B
1 32784U 08021B 08120.82400315 -.00004205 00000-0 -53640-3 0 130
2 32784 097.9998 180.8553 0014479 288.4550 071.4996 14.80923265 246
OBJECT C
1 32785U 08021C 08120.82436760 -.00002379 00000-0 -30279-3 0 159
2 32785 098.0037 180.8581 0013102 279.0091 080.9547 14.80599642 247
OBJECT D
1 32786U 08021D 08120.82393971 .00001084 00000-0 14678-3 0 151
2 32786 097.9990 180.8540 0012942 288.1268 071.8441 14.80991780 248
OBJECT E
1 32787U 08021E 08120.82348370 -.00006117 00000-0 -77513-3 0 123
2 32787 097.9941 180.8484 0014093 295.7109 064.2372 14.81386705 244
OBJECT F
1 32788U 08021F 08120.89091243 .00000731 00000-0 10000-3 0 127
2 32788 097.9919 180.9112 0014365 299.1276 060.8436 14.81501452 256
OBJECT G
1 32789U 08021G 08120.82352424 .00000728 00000-0 10000-3 0 140
2 32789 097.9955 180.8520 0014407 295.1438 064.8252 14.81364051 243
OBJECT H
1 32790U 08021H 08120.82341376 .00000730 00000-0 10000-3 0 71
2 32790 097.9946 180.8504 0013382 297.5798 062.4042 14.81467942 225
OBJECT J
1 32791U 08021J 08120.82363308 .00012790 00000-0 16415-2 0 53
2 32791 097.9950 180.8542 0015257 291.8724 068.0722 14.81273681 213

Category: Operation Report
Time: 18:48
Author: seeds master
本日3回目のパスにてTest FMを送信させるコマンドを送る予定です。
AOS 19:27:07~19:37:34秒のパスにて19:30ぐらいから、
SEEDSのセンサーデータをほぼリアルタイムでダウンリンクする
Test FMを送信させるコマンドを送信します。

これまでのデータからSEEDSの電圧は十分な値を示していたので、
電力収支が取れていると判断しました。
より詳しいSEEDSの状態を知るためにTest FMを送信することを決定しました。

初めてのFM運用です。
受信協力よろしくお願いいたします。

Category: Operation Report
Time: 20:11
Author: seeds master
今回は,TestFMのダウンリンクを行いました.
何パケットかデコードでき,SEEDSの詳しい状態が 少し わかりました.

FMダウンリンク後のバッテリー電圧も正常値で,FM運用も問題ないことが確認できました.
SEEDSは元気なようです!!

詳しいデータは,解析を行いしだい更新いたします.

Category: Operation Report
Time: 22:30
Author: seeds master
2008年4月30日、3回目のパスの解析データをアップします。


解析したデータを見ると、衛星表面は-20度程度と冷えていることが分かります。また、衛星は約7deg/sで回転しており、約1分に1回回転している計算となります。日大地上局でも、偏波方向をこまめに変更してあげないと電波強度が弱まるといったことがあったのでこれが原因なのかもしれません。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
UTC Time: 2008/04/30 13:45:38

Local Time: 2008/04/30 22:45:38

FM Code:
FC 00 00 00 00 1C 84 D1 00 00 00 01 00 01 00 01 00 00 00 00 0C F5 0C 98 0B DD 0C 95 0C CA 0C 4F 00 05 00 07 01 38 0D D5 00 04 04 AA 0D 45 0F FE 08 18 08 18 08 2C 08 2E 07 B4 07 B3 0A D1 0A D9 0A DA 0A A4 0A A1 0B 41 0B 41 0B 26

----------------Time Data------------------
Time Save Address FC000000
Time 186900.9 [s]
---------------System Data-----------------
MPU Reset Times(EPS) 0 [times]
MPU Reset Times(FMR) 1 [times]
MPU Reset Times(C&DH) 1 [times]
MPU Reset Times(CW) 1 [times]
Last Memory Address 00000000
----------External Temperature Data----------
Solar Cell Surface1 -30.266 [deg]
Solar Cell Surface2 -26.346 [deg]
Solar Cell Surface3 -16.229 [deg]
Solar Cell Surface4 -24.528 [deg]
Solar Cell Surface5 -29.244 [deg]
Solar Cell Surface6 -21.056 [deg]
-----------Solar Cell Current Data------------
Solar Cell Current1 4.942 [mA]
Solar Cell Current2 5.173 [mA]
Solar Cell Current3 40.453 [mA]
Solar Cell Current4 405.067 [mA]
Solar Cell Current5 4.826 [mA]
Solar Cell Current6 141.658 [mA]
----------------Voltage Data----------------
Li-ion Battery Voltage(3.7[V]) 4.147 [V]
Bus Voltage(5.0[V]) 4.998 [V]
---------------Attitude Data----------------
Gyro x 0.022 [deg/s]
Gyro y 0.024 [deg/s]
Gyro z 7.256 [deg/s]
Geomagnetic x 0.056 [gauss]
Geomagnetic y -0.093 [gauss]
Geomagnetic z -0.094 [gauss]
----------Internal Temperature Data-----------
Li-ion Battery1 -2.300 [deg]
Li-ion Battery2 -2.617 [deg]
Gyro x -3.675 [deg]
Gyro y -2.577 [deg]
Gyro z -1.977 [deg]
Digi-talker -10.406 [deg]
FM & CW Transmitter -10.447 [deg]
FM Reciever -7.321 [deg]

Category: Operation Report
Time: 22:35
Author: seeds master
本日4回目のパスもTest FMのダウンリンクを行いました。
2分間のパケットデータの受信に成功いたしました。

代表的な受信データは以下のとおりです。

SEEDSの太陽電池は順調に発電しているようで、太陽電池を貼り付けた現プロマネもほっとしていました。

-------------------------------------------------------------------------
UTC Time: 2008/04/30 13:32:42

Local Time: 2008/04/30 22:32:42

FM Code:
FC 00 00 00 00 1D 5C C0 00 00 00 01 00 01 00 01 00 00 00 00 0D 00 0C 30 0C 8A 0D 07 0C 8E 0C 4D 00 05 00 06 00 02 04 7A 0C 90 05 79 0D 5E 0F FE 08 22 07 FC 08 1F 08 1C 08 13 08 D3 0A D3 0A DB 0A DC 0A AE 0A A7 0B 33 0A A4 0B 1E

----------------Time Data------------------
Time Save Address FC000000
Time 192428.8 [s]
---------------System Data-----------------
MPU Reset Times(EPS) 0 [times]
MPU Reset Times(FMR) 1 [times]
MPU Reset Times(C&DH) 1 [times]
MPU Reset Times(CW) 1 [times]
Last Memory Address 00000000
----------External Temperature Data----------
Solar Cell Surface1 -30.794 [deg]
Solar Cell Surface2 -21.338 [deg]
Solar Cell Surface3 -24.548 [deg]
Solar Cell Surface4 -29.999 [deg]
Solar Cell Surface5 -26.349 [deg]
Solar Cell Surface6 -20.960 [deg]
-----------Solar Cell Current Data------------
Solar Cell Current1 4.942 [mA]
Solar Cell Current2 5.057 [mA]
Solar Cell Current3 4.594 [mA]
Solar Cell Current4 136.182 [mA]
Solar Cell Current5 369.103 [mA]
Solar Cell Current6 165.235 [mA]
----------------Voltage Data----------------
Li-ion Battery Voltage(3.7[V]) 4.177 [V]
Bus Voltage(5.0[V]) 4.998 [V]
---------------Attitude Data----------------
Gyro x 0.033 [deg/s]
Gyro y -0.006 [deg/s]
Gyro z 7.242 [deg/s]
Geomagnetic x 0.034 [gauss]
Geomagnetic y 0.023 [gauss]
Geomagnetic z 0.258 [gauss]
----------Internal Temperature Data-----------
Li-ion Battery1 -2.394 [deg]
Li-ion Battery2 -2.710 [deg]
Gyro x -5.594 [deg]
Gyro y -3.053 [deg]
Gyro z -2.271 [deg]
Digi-talker -9.746 [deg]
FM & CW Transmitter -3.024 [deg]
FM Reciever -6.943 [deg]

Category: Operation Report
Time: 23:12
Author: seeds master
本日は後一回パスが残っておりますが、可視時間が3分、最大迎角が0.6度なので受信することは困難なため運用を見送ります。
(CW Longは送信し続けています。)

本日は、午前2回のパスでオブジェクトGとオブジェクトEを試し、オブジェクトGが有力であることを確認しました。
また、電力収支に問題が無さそうだったので、FMパケットデータのダウンリンクを行いました。
3回目、4回目ともにアップリンクも無事通り、2回のFMパケットデータの受信に成功しました。

なお、4回目のパスではFM運用の連絡をせずに運用したことをお詫びいたします。
今後はFM運用の計画を事前にホームページにて公表いたしますので、よろしくお願いいたします。

明日5月1日の午前のパスは2回ともTest FM パケットのダウンリンクを行います。
FMダウンリンクの開始時刻、実行時間は東工大と話しあって決定するので、
直前になりますが、このブログにてお伝えしたいと思います。

Category: Topics
Time: 23:38
Author: seeds master
日本大学地上局では、現在、耳デコがはやっております。
というのも、軌道要素の安定しない初期のCWデータがTNCでデコードできなかったためです。
ひとつでも多くのSEEDSのデータを得るためにも必要な作業です。

慣れてくると静かなときにまで、CWの音がどこからともなく聞こえてくるそうです。
ツツーツーツー
人間TNC達
夢の中でもCW
夢の中でもCWが・・・

こんな感じで連日の運用がんばっています。