遅くなりましたが,7月20日海の日に「8N1Y JH1ZNI 共催イベント 横浜開港150周年記念・特別局 8N1Yで遊ぼう!」に参加してきました.

横浜開港150周年記念イベントの一つとして,子供の科学ハムクラブと横浜開港150周年アマチュア無線実行委員会の共催で,SEEDSのデジトーカを受信するイベントが行われました.
会場

私たちも朝から参加し,子供たちと一緒に手作りアンテナでデジトーカを受信しました.
SEEDSのEM機を使ってSEEDSの説明をした後デジトーカを受信しました.とてもきれいに受信することが出来,子供たちも喜んでいました.みなとみらいにはランドマークタワーやホテルなどの高い建物があり,電波が建物によって妨害されてしまう,ということを,子供達も体感できたようでした.また,「携帯が生活に溶け込んでいる今の時代に,目に見えない電波,というものを経験できる良い機会です.」と,ご父母の方々にも喜んでいただけました.
受信風景 集合写真

その後,FOX Huntingに参加しました.発信源の無線機(FOX)から聞こえる音声を各自持った無線機で受信して,その強度からFOXを探し当てる,というゲームです.午後は手作り紙飛行機大会でした.尾翼の角度を微妙に変えたり,主翼に丸みをつけたり,ほんの少しの微小な調整で格段に良く飛ぶようになり,子供たちに混ざって楽しませて頂きました.
FOXハンティング


また,横浜は日本で初めてモールスによる通信が行われた地でもあります.150年前に日本で初めて通信が行われたその場所で今,衛星と通信している,というのはとても感慨深いものがありました.

沢山のアマチュア無線家と,超小型人工衛星のアマチュア無線サービスに求められている要望や,海外のアマチュア衛星,地上局アンテナの性能などについて沢山お話しすることができ,私たちにとって,とても良い機会となりました.