Archives

You are currently viewing archive for 04/2015

2015年04月08日(Wed): ガーナの方々に送る証書

Category: General
Time: 23:44
Author: sprout
皆様 こんばんは
B4の吉原嘉唯です.

4月になり新学期が始まりましたね.
桜が咲いたと思ったら雪が降ったりと...
暖かい春はまだですかね

3月に行われたガーナでのHEPTA HANDS-ONで,Mr.Aaron,Mr.Ernest,Mr.Quansah,Mr.Julianにお渡し出来なかった証書が
良い感じに出来上がってきました.
Ghanaまで届くのに少し時間がかかるらしいので,今週中には発送します.

HEPTA HANDS-ON 修了証書


これからは,ガーナで気づいた点や修正しなければならない所をHEPTAの教科書に反映させたり,ガーナで色々撮影した動画を使ってイメージビデオを作りたいと思います.

次は,M2の大日向さん,宜しくお願いします.

Category: General
Time: 22:29
Author: sprout
皆さま

こんにちは,修士2年の大日向です.
相変わらず忙しいです.

さて,最近のSPROUTですが,
軌道上の膜面展開実験が迫ってきており,
地上での確認項目を進めているところです.

EM機のモニタリング中

EM機のモニタリング中


例えば,
①暗室でカメラ撮影を行ってみて,どのように写るか.
②真空槽内で展開させたときにどのような挙動を示すか,カメラはどのように撮影されるか,想定している運用シーケンス通りにうまくいくか.

といったことについて行っています.

①に関しては,軌道上で展開した膜面はどのような状態になっているかはカメラのデータが落ちてくるまで分からないのですし,カメラデータをSSTVで落とすとノイズがのっているので,
事前に膜面を様々な状態(展開率を敢えて80%にするとか,膜面の角度を変えてみるとか)でカメラデータをこちらで持っておくことで,
ノイズが多少のっていたとしても「あぁ,この写り方ならきっとこういう形状に展開しているんだな」という風に分かるのです.

②に関しては,真空槽内で,インフレータブルチューブに充填させる圧力を敢えて色々なパターンで行ってみたり,実際の運用シーケンスに沿ってコマンドを実行してみて,地上/衛星間でトータルで考えて問題がないことを確認したりしています.軌道上では1回きりしかチャンスが無いので,綿密にチェックを行っています.


一つずつ確認項目を進めていくと,徐々に軌道上での実験が近づいている気がして,
ドキドキと恐怖とワクワクが33.3[%]ずつ,といった感じでございます.

実験の経過に関しましても,随時報告させて頂きたいと思っております!


とりとめのない文章で申し訳ありません.
次は修士2年の井上君,宜しくお願いします!

p.s. 新1年生の方々が沢山研究室に訪問しにきてくれています.
新1年生はみんなやる気がメキメキ湧いてくる感じで,こちらももの凄く刺激されます.

吉原君

吉原君が新1年生に説明している様子


2015年04月19日(Sun): フレッシュな

Category: General
Time: 13:56
Author: sprout
皆さんこんにちは

修士2年になりました,井上です.
衛星工房に入って6年目,思ってたよりもあっという間でした.
17日(金)から衛星工房のディスカッションが始まりまして,新1年生がたくさん参加してくれました.
第一回衛星工房ディスカッション

私が6年前今の1年生ほどフレッシュだった気はしないですね.すごく若く感じました.
1年生は22名参加してくれました.去年よりもかなり多いですね.
HEPTAな2人1年生①

1年生とその仲間ディスカッション

今回の内容はディスカッションというよりかは1年生向けにプロジェクトの紹介を行いました.
吉原くんとBOBくんによる掛け合いでのHEPTAの紹介.
ガーナの話もあり,ワークショップの話もありで面白かったです.
丸木くんによるSPROUTの紹介.
これは打って変わって真面目な雰囲気の中での紹介になりました.難しい単語も出ましたが,1年生が少しでも衛星開発のイメージが出来ていたらいいなと思います.
最後に大日向くんによる衛星工房での取り組み方についてのお話.
今やっていることが何につながるか考えながら全力で取り組んでくださいという言葉を頂きました.
そして私はというと拙いながらも司会を務めました.
来週も衛星工房の皆さん よろしくお願い致します.

1年生の皆さん,大学に入ってきた時の目的や思いを忘れずにこれからの勉強や作業に取り組んでもらえたら,きっと楽しい生活が待っていると思っています.
一緒に頑張りましょう!

次は修士2年の丸木君お願いします.