こんにちは,博士1年になりました井上です.
さて,今年度に入って早速,AIAAの材料・構造系の学会であるSDM学会に行ってきました.場所は米国・コロラド州のデンバーという所です.遅くなりましたが,簡単な旅ログです.

今年はIKAROSセッションが用意されており,IKAROSの成功は世界的にも注目されているようですね!
IKAROSの膜面解析はSPROUT開発においても,解析コードの精度向上などに繋げるための重要な実証例となりました.世界初のソーラーセイルを成功させた開発チームの皆様は,本当に尊敬しています.私たちもSPROUTを成功させ,IKAROS2の開発にも有用な実証や解析コードの開発ができればと思いながら,日々開発しています.

さて,折角コロラドに来たのだし,ちょっと観光です.世界一高いつり橋「Royal Gorge」に行き,米国の広大な自然を楽しんできました.その崖のてっぺんからバンジーで望む景色は最高だったようで,Prof. Mも大変ご満悦なご様子でした.バンジーと言っても,生身で吊りあげられ,振り子の様に楽しむものです.しかし,普通のバンジージャンプをつり橋の上からやったツワモノも世界にはいるようですね.世界は広い.私は400mもの高さのつり橋を歩くだけでも足ががくがくでした...

当のProf. Mの発表は,IKAROSの解析の話にもかかわらずIKAROSセッションではなかったのですが(笑)

IKAROSの方々, つり橋と絶景, つり橋, バンジー
「IKAROSの方々」「つり橋と絶景」「つり橋」「バンジー」


SDM
「ピースするProf. MとMr. Yamazaki」「ツワモノの証」「MBDセッションのProf. M」



by S. Inoue

---------------------------------SPROUT Web Siteはこちら---------------------------------