M2 亀村です.
B1の事ばっかり書いていると,ひがみそうな方々がいるので,ここで書いておきますね.
すこ~し話が前後しますが,5月以来,B2自身でいろいろ試行錯誤がありまして,一つのプロジェクトに行きつきました.「ローバーをつくる」という目標のもと去年Cansat作りを経験した8人が動き出しました.と言っても,我が航空宇宙工学科のカリキュラムはこの学部第2学年が最も忙しいので,去年と比べるとどうしてもスピードが落ちてしまい,M/SDR(=MDR+SDR)を行ったのが前期テスト明けの8月の頭となってしまいました.
M/SDRの様子
B2 Rover 八傑

M/SDRではサクセスクライテリアで紛糾しました.簡単に言えば「プロジェクトのサクセス(成功)ってなんでしょう?」と言ったところでしょうか.ミニマムサクセスの”ミニマム”って言葉に甘えてはならないのです.宮崎先生にご指摘を頂き,私はM2になってようやく納得したというか,B2を含めた低学年へのこれまでの指摘の仕方を反省したというか,いやはや恥ずかしい限りです.
Mr. Yamaguchi
サッカー大会で佇むPMのMr. Yamaguchi

という訳で,お盆明けに練り直したところ,ミッションが「(整地での)障害物のある条件下での目標地点到達」,最終目標が来年5月に決まりました.サクセスクライテリアはミニマムサクセスが前回でいうフルサクセスを丸呑みした形になりました.詳しくは今度,本人たちにここで報告してもらいましょうかね.ね?Mr. Yamaguchi?

そして今回の私なりの反省を込めたのが,現在進行中の3rd ステージB1 Cansat プロジェクトです.絶対に同じ轍は踏まないと決意し….その話はまた後ほど….


by H. Kamemura

---------------------------------SPROUT Web Siteはこちら---------------------------------