こんにちは。(癒しパーツを抱え込んでいるらしい)B4の狩野です。
M2の斉藤さんからバトンタッチされたため、今回のブログを書くことになりました。

さて今回は、自分がSPROUTの中で携わっている分離機構について書こうと思います。
分離機構というのは、衛星を打ち上げる際に、衛星を格納しておく箱のようなものです。
現在は、既に発注したパーツが届き、実験前の確認を行うとともに、
実験に必要なものを用意しているのですが……

砂利
砂利


なんで俺は、砂利を運んでいるんだろう……
先日、分離機構班で砂利の袋詰めを行いました。
一見、本当に分離機構を作っているのか疑いたくなってしまうような光景ですが
これを分離機構等で使うワイヤーに釣るし、一定の張力に耐えられるかを確認します。
これも、分離機構開発には必要なことなのです! うん……

次回はM1の村田さんにブログを書いていただきます。