【SPROUT搭載マイクロフィルムメッセージ】詳細】【送り先
皆様おはようございます.
ここ数日,天気が良くて気持ちが前に向いているM1の上原です.

インドにてSEEDS-II

2008年4月28日にインドのサティシュダワン宇宙センターよりPSLVロケットで打ち上げたSEEDSが5周年を迎えました!!!!!
受信頂いている皆さまのご協力によって5年間も問題なく運用を行ってくることができました.
SEEDSは,宇宙から音声データを届けてくれる人工衛星で外部でのアウトリーチ活動では,まだまだ現役で頑張ってくれています!
今後もSEEDSの運用を行っていきますので,是非受信していただけると幸いです.

「SEEDS(種)」から成長して「SPROUT(新芽)」では,搭載カメラで撮影した画像をSSTVで送信する機能やデジトーカ,音声・文字デジピータなどの機能が搭載されています.
日本大学では,少しでも皆様に楽しんでもらえるような衛星を目指して開発を進めております.


最近のSPROUTでは,環境試験とともに姿勢決定・制御系の動作試験も行っております.
日大には3軸を回すことができる試験機「スペース」というものがありまして,ぐるぐると衛星を回すことができます.
ジャイロセンサの値がきちんと出力しているか確認しています.
試験機「スペース」これからぐるぐる回りますよ


またSPROUTには,日大で開発したサンセンサを搭載します.そのサンセンサの動作試験は人工太陽照明灯をセリック株式会社様からお借りして実施いたしました.
照射!


SPROUT開発もこれから打ち上げに向けて加速していきますが,宇宙に行くまでメンバ全員の全力を尽くして頑張りたいと思います.
打ち上げに向けて

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします.