【打ち上げまであと8日です!】

 修士2年の藤原です。
 SPROUTマスターになろう! 地上局ソフトウェア三日目,最終日となりました.本日は、データベースについて説明します.

 SPROUTでは,今後運用していく上でたくさんのアップリンクデータやダウンリンクデータが集まります.また,ダウンリンクしたデータは1回のパスではデータでは,SPROUTのROMの中にあるデータの一部しかダウンリンクすることができないため,何回もダウンリンクを行ってSPROUTのROMの中にあるデータを収集する作業が必要となります.そこで,SPROUTのデータベースでは,多くのアップリンクデータやダウンリンクデータを管理することやばらばらで落とされてきたダウンリンクデータの結合処理を行うことが主な目的です.

データベースに関しては現在作成途中ですが,以下のような機能の実装を考えています.
・アップリンクデータ,ダウンリンクデータのSQLに保存
・いくつかのダウンリンクしたデータの結合処理
・SPROUTのデータの収集できていないROMのアドレス表示
・ダウンリンクしたデータの解析処理
・現在のSPROUTの情報を解析やアップリンク,ダウンリンクのデータを用いて表示する.
・データの検索機能
・任意のファイルを出力する機能

です.このような機能を保有することによりSPROUTの運用の効率を上げるだけでなく間違った運用をなくすことにもつながると考えています.そのため現在このようなデータベースソフトを現在作成しております.
 また,現在の運用中のSEEDSのデータベースは以下の図のようなソフトになっております.

SEEDSのデータベース


SPROUTでもこのようなソフトを作成し,また運用中もより使いやすいソフトに改良していく予定です.