こんにちは.
修士2年の藤原です.

今年もあと残すこと7日となりました.
その中でSPROUTメンバーは,2月に行うメインミッションに向けて着々と準備を進めています.
メインミッション準備の中には,実際の軌道を模擬した試験などもありますが,その他にメインミッション時のコマンドはどのタイミングでどんなコマンドを送るか決めるミッションシーケンスを決めることもメインミッションの準備の内の一つです.
ここでのミッションシーケンスとは,ミッション時にどのようなコマンドを送り,そのコマンドの結果どのような挙動が出るか最悪のパターンも考えすべて洗い出し,このアウトプットが反ってきたら,この運用ではこのコマンドを送るなどミッションで想定されるすべてのパターンに対してどう対処していくか決めておくのがミッションシーケンスです.
SPROUTメンバーでは,以下の図のようにフローチャート式ですべてのパターンを洗い出していきます.

ミッションシーケンス


このように洗い出していくことで運用上での危険を洗い出していけるのでその対処法を事前にEM機などで試験しておくことができます.
このようにミッションシーケンスを決めることは,打ち上げ前に決めておくものですが,実際運用してみると打ち上げ前では考えきれなかったことなどが洗い出されてくるのでよりミッションを成功に近づけるために打ち上げ後も考えなおしています.
今後の予定としては,今現在すでに洗い出されている膜面展開ミッション前にやらなくてはいけない試験を行いつつ,その裏で年内までに最終的なミッションシーケンスを決めあらゆる状況下に陥ってもミッションを成功に導けるようにしたいです.

次は,M2の吉野君お願いします.