こんにちは,修士2年の井上です.

猛暑が続いておりますが,8月に入り,周りは夏休みムードになっております.
私を含む研究室の何名かと低学年の衛星工房の学生は,1日(土)に東大で行われた衛星情報共有ディスカッションに参加しました.
これはUNISEC内の衛星ワーキンググループの学生同士のディスカッションとなります.
東大のディスカッション会場へ

情報共有

いくつかのテーマが設定されていて,好きなものを3つほど選べる方式を取っていました.バラエティに富んでいて楽しめました.

開発の中での手戻りについてのテーマがありましたが,よくあることなので,他の大学さんがどうしているか気になりディスカッションに参加しました.
要求を可視化するとか,手戻りの項目が見つかってもそれにすぐ取り組まず他の問題がないか分析するなど,普段の開発メンバーの見方とは異なった意見もあり刺激になりました.
ただ人気のテーマは席が埋まっていて立ち見が出るほどだったので,上手くテーマを選んで深い議論ができるかを重視した方がいいなと思いました.
日大の参加学生の多さに他大学の方は驚いておりましたね.

話は変わりますが,8月最初の土日といえば,多くの大学でオープンキャンパスが行われているようで,日大理工学部でも行われておりました.
オープンキャンパス2日目

宮崎研は展開構造と小型衛星関係について主にお話しています.熱心な高校生とその親御さんがいらっしゃっていて,質問も結構あり話も弾んだようです.
1日目,2日目ともテクノプレースのブースには200名ほどの方に来ていただけたようで大盛況だったのではないでしょうか.

日曜日はUNISEC総会もあり,この2日間はイベント尽くしであっという間でした.
2つのイベントも終わりましたのでSPROUT運用,解析に注力して参りたいと思います.

次回のブログはM1田村君お願いいたします.