Archives

You are currently viewing archive for 09/2008

2008年09月01日(Mon): 早くも9月ですね

Category: General
Time: 14:10
Author: asel
今年もあっと言う間に9月になってしまいましたね.早いものです.今月は長~いARLISSが待ってますね.月末はIACですか.行ける人がうらやましいですね.

さて,遅まきながら,先週,SEEDSのマイクロフィルムメッセージに応募してくださった方々にお返事の手紙を関係メンバーが出してたのですが,それに対するグッとくるような返信もあり,「これからもがんばろう」と思う今日この頃です.
お手紙

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-1

2008年09月08日(Mon): 最近の研究室

Category: General
Time: 23:12
Author: asel
自律飛行は楽しそうです

最近の研究室はというと,ARLISS組はFMの試験に勤しんでいて,MAV組はちょっと(だいぶ?)大き目のテスト機を飛ばしてシステムの動作確認をしていて,院試組は先週,院試が終わって結果待ち,ってところですね.その他,力学ゼミや非線形有限要素法のゼミで柔軟多体系の理論やプログラミングを勉強している方々が少々,といったところでしょうか.MAVの研究は始めたばかりで,この先,どこに向かうのかはわかりませんが(Mr.Kusano次第?),まずは実際に自律飛行させながらいろいろ勉強しましょう,といったところですね.非線形有限要素法ゼミは,その場で例題を考えて,理論やアルゴリズムを説明しつつ,Matlabでプログラムをつくるところを見せて,バグとりをして,ってことをこれまでの6回までにやってきていて,結構楽しいですね(説明する側としては,人が見ている前で,ちゃんと動くプログラムを作らないといけないというプレッシャでドキドキですが).一応,剛体とケーブルネットから成る柔軟多体系をエネルギ・モーメンタム法で解くってところまで来ましたからねえ.後は膜とかシェルくらいか?.

でも,楽しい夏休みも残りがだんだん減ってきて...

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-8


2008年09月13日(Sat): ARLISSですね.

Category: General
Time: 04:39
Author: asel
出発です

今年もARLISSの季節がやってきましたね.今年はARLISS自体の期間が長いのと,チケットの値段の関係で,9月12日から22日までの長丁場となります.参加メンバーはB4な方々6名と,引率兼アドバイザー兼ドライバのMr. Arakiの皆さんですね.
その1
その2

サンフランシスコでの乗り継ぎ時間が12時間くらいあって,皆さん,SFOの中でのんびり散策中?です(結構長いですが,まあ,これもまたよし,ってところでしょうか).それにしても,この空港はなぜこんなにも寒い...

URLhttp://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-13

2008年09月13日(Sat): なんか,長旅でしたね

Category: General
Time: 18:02
Author: asel
研究室を出たのが12日の13時ちょっと前くらいで,Fernleyに着いたのが30分くあらい前なので,ざっと28.5時間ですか.なかなかな長旅でしたね.今日は持ち物チェックをして,体を休めて,明日からですかね(何か,作業部屋を頑張って作っていらっしゃるようで).
着きました

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-13


2008年09月16日(Tue): ARLISS前日

Category: General
Time: 13:05
Author: asel
砂漠です
一昨日,昨日は皆さん,Canの動作チェックや通信試験等をされていたようです.昨日の夜は他大学の方々が続々Fernleyに集結してきて,賑やかだったです.

で,今日は15時(ちなみに,日本との時差は-16時間)にBURUNO'Sで待ち合わせをして,砂漠入りして,(1)中須賀先生によるARLISS運営の説明,(2)周波数等の確認,(3)カムバック・コンペのターゲット位置の確認,(4)初日の打ち上げ順の決定,(5)テント設営,という,いつも通りの作業がありました.

ちなみに,日大チームは23機中20番目の打ち上げだそうです(芳賀君,多数決式じゃんけんがとっても弱いです).ここ数年は天候が荒れていたので,「朝早くの打ち上げじゃないとアウトだよね」って感じで砂漠入りしたわけですが,今日の状況なら,午後でもいけそうですね.それくらい,穏やかな風でした(17時とかでも,十分に穏やかでしたね).どうせなら,少し風があって,「でも,風に勝って,キッチリカムバックしました」ってところを見せつけていただきたいなあと思う今日この頃です.
こんな感じです

今回は,去年に研究室にいた方々のうちの3名もARLISSに参加していて,ちょっと懐かしい感じです.それにしても,本当に参加チームが増えて,すごいですね.最初の頃とは隔世の感があります.打ち上げも明日(16日)から金曜までの4日間に増えて,打ち上げ回数もかなり増えてるみたい(1日に20回くらいいけそう?)で,楽しみです.

隔世の感と言えば,Fernleyも,WAL MARTだけでなく,隣にはケンタ,そして,Jackの裏にはBURGER KINGもできて,ホント,素晴らしいです.
BURGER KINGだ!!!

ということで,明日からがホントに楽しみです.

p.s. 中村研卒の直江さん(ホンダ)がアメリカの自動車技術会(SAE)の分科会のSETC(小型エンジン技術会)で発表した論文がBest10Paperに選ばれたそうで.

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-16


Category: General
Time: 16:57
Author: asel
そろそろ寝ましょう

明日(というか,今日)は4時半に買出しに出て,そのまま砂漠だそうで,あと3時間半ですね(現在は0時57分くらい).皆さん,チェックを早く済ませてそろそろ寝ましょう.まあ,他の部屋も明るいところが多く,廊下も外も他大学の方々がいらっしゃって,もうちょっと頑張ろうか,って雰囲気ではありますが(Driver Arakiは寝ていらっしゃるようですね).

今までに本物の打ち上げというものを一昨年と今年の計2回経験したわけですが,今回は3年ぶりのARLISSで,本物を経験してから初めてのARLISSということになります.今回の日大チームは準備も結構万端らしく,本物の打ち上げにちょっと似た空気があります(だからといって結果がついてくるかどうかはわかりません.どこかに抜けがあると...).そういうこともあり,何か,ワクワク感・ドキドキ感がちょっとフラッシュバックしてきますね.

これまで(3年前まで?)のARLISSというと,「ギリギリまで頑張って結果に結び付ける」,「限界に挑戦する」的な面もありましたが,やっぱり,「ARLISSは本物の開発・打ち上げに向けたトレーニング」という考え方からすると,準備万端でアメリカに乗り込んで,フライトオペをして,いざ本番,というのもいいですよね.

個人的には,こちらに来てからOpenMPだのMPIだのとパチパチやっていましたが(この世界もなかなか甘くなくて,結構マニアックな世界ですね),ちょっとARLISSモードな気分になってきました.

ということで,しっかり体を休めて,いざ,ですね.

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-16


Category: General
Time: 14:23
Author: asel
綺麗です

今日はARLISS初日ということで,朝7時半(実際はもう少し遅かったですが)からのブリーフィングからARLISSが始まりました.日大チームの打ち上げは20番目でしたので,今日の打ち上げは微妙かな,と思いつつ,待ったわけですが...
ちょっとだけ紹介

打ち上げ開始が遅くなったこともあり,今日は11か12機くらいの打ち上げでした.したがって,明日は午後(もしかしたら午前の愛護の当たり)の打ち上げになるんですかね.

ということで,今日は動作チェックをして,その後はひたすら待ちつつ,他大学のCansatの打ち上げを利用して目視や追跡の練習をしたメンバーでした...明日は打ち上がるかな?
一応,記念写真

今日は夕方から風や天気が微妙な感じになってきて,明日がちょっと心配ですが,よい天気&よい結果ラッシュを祈るばかり,という感じですかね.

ちなみに,今日の夜はTokyo Techな先生方とメキシコ料理(車で5分くらいのところ)でした(これが結構おいしかった!).
お酒は向いの先生用

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-17


Category: General
Time: 09:11
Author: asel
着地
今日はARLISSの2日目でした.砂漠では早朝にすごい雨と風に見舞われたそうで,机は砂で埋もれ,ロケットの方々のキャンピングカーも砂だらけになっていました.空も暗くて雲が流れてきていて,非常に怪しい感じだったので,「ちょっと厳しいか...」という雰囲気もあったのですが,風がだんだん穏やかになってきて,雲のおかげで日差しも弱く,絶好の実験コンディションになりました.

といっても,そこはやっぱり日大チームの宿命なのか,日大の打ち上げの頃には風が強くなってきたわけですが,今年は「風に勝つ」機体だそうで,「じゃあ,頑張ってもらいましょう」という感じで打ち上げに臨みました.

結果はというと,3Dモーションセンサデータに基づくドログシュートとパラフォイルの二段階展開は成功し,通信も制御もOKで,ターゲットにも向かっていて,シーケンスも予定通りだったようですが(まあ,このあたりは当然ですね.),ターゲットまでの距離が818mという,ちょっと悔しい数字になってしまいました(「喜びも中くらい(ちょっとだけ?)なり」ってところでしょうか).これは,ドログシュートの切り離し高度とか制御モードの切り替え条件とかいった制御パラメータは,現場で飛ばしてみないとなかなかベストの値が決められず,どうしてもギリギリまで攻めることができなかったためのようです.そういう意味では,今回の打ち上げは,パラメータを決定するためのテストフライトだったと思えばよいのかなと.
ARLISSの2日目

打ち上げ後,さすがに今日は2回目の打ち上げはないだろうということで,少し早めに現場から引き揚げさせていただきました(帰りの砂漠では,途中,ものすごい砂嵐が押し寄せてきて,全く前が見えない状態になり...).皆さん,今は明日の打ち上げに向けた検討をなさっているようですね.
お楽しみはこれからだ!

ということで,次が本番ですね.

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-18

2008年09月19日(Fri): ウ~ン(ARLISS第3日目)

Category: General
Time: 11:09
Author: asel
ウ~ン
今日はARLISSの第3日目でした.昨日,日大チームは一回目の打ち上げをしたので,今日は午後だろうということで,午後一に砂漠に行ったのですが,もう他大学はほぼ打ち上げてしまって,「次の2機がもうすぐ打ち上がるので,その次は日大.ロケットはもう準備ができている」という状況でした.しかも,ついに東北大ローバーチームが"0m"をたたき出したということで(Mr. Yusaもホっとしたことでしょう.素晴らしい!),「これは頑張らないと」ということになったわけですが...
ARLISS第3日目
昨日の打ち上げを踏まえて,勝負に出たはずだったのですが,Canの軌跡を見ると,見事に風に負けてますね...風に強い,という謳い文句は...記録は...1130mくらいでしたっけ?(4 digitでは,もはや...).制御ソフトのパラメータをいくつに設定するかとか,パラをどれにするか,とかいったことは,確かになかなか難しい判断にはなるのですが,う~ん...,という状況です.残念.

ということで,東北大の独り勝ちです(フライバックは日大の818mが最高,という寂しい状況...).明日は雨,という予報らしいですが,もし運よく天候がよい状況になったら,何としてもリベンジしてほしいですね.この2回の打ち上げを踏まえて,是非,狙ってほしいですね.

【おまけ】M.r Hagaによる独演会(明日,記録を出して,ロケットの皆さんの前で演舞していただきたいなと).
独演会

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-19

Category: General
Time: 10:15
Author: asel
ARLISS第4日目

今日はちょっと風が強く(高度が高いところはあまり風がなかったようですが,下の方が結構強かった),日大チームは打ち上げを行いませんでした(ちょっと迷うところではありますが,一応,昨日までに記録は出ていることを考えると,賢明だったのかなと).いくつか打ち上げたチームがありましたが,最終日ということもあって,皆さん,頑張っていました.

ということで,あとは明日の報告会を残すのみとなりました.

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-20


Category: General
Time: 08:49
Author: asel
報告会の食事はちょっとレベルアップ
今日はBRUNO'SでARLISSの報告会がありました.いつものように,各チームの報告があり(チーム数が多くなったので,1チーム4分だけでしたが),続いて,AEROPACKの方によるネット配信のお話,中須賀研の学生さんによるカイトを用いた上空からの動画撮影の報告,中須賀先生による過去10回のARLISSの歴史のお話&カムバックコンペの表彰&AEROPACKの方々とTwiggs先生への感謝状の贈呈,Twiggs先生の一言&中須賀先生の閉めの言葉,そして,プレゼント交換会で無事,報告会は終了しました(次のUNISECワークショップでは中須賀先生に感謝状を贈呈したいですね).
報告会

報告会終了後,途中の湖で一休みして,Fernleyに戻りました.日大チームは今日もFernleyに泊って,明日の朝の便で日本に戻ります.
湖でのひと時

ということで,ARLISSのご感想は?(やってみて意味がありましたか?)
ARLISSのご感想は?

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-21

2008年09月21日(Sun): 帰国ですね

Category: General
Time: 23:23
Author: asel
Renoと言えば

今年のReno発の便は朝が早いですね.

今年はARLISSの打ち上げ日が4日間と長かったで,体力勝負的な部分もありましたが(砂漠に1日いると,ただいるだけでも体力を必要とします),あわただしくなく,天候が悪くて全然打ち上げられないケースもなくて(さすがに4日間連続で悪いってことはないですよねえ),よかったですね.後は打ち上げ結果が伴うように...でも,風に左右されるミッションはなかなか設計に乗りにくいですね.幅広いレンジの風の影響を予測するには,パラの空力特性を本気で考える必要がありますが,パラの風洞試験は結構難しいし,数値予測をするにも,流体と構造の非線形性の非常に高い連成問題を解く必要があり,なかなか計算と実フライト結果が合う気がしないですし.そういう意味では,昔のように風に左右されないミッションがいいのかなあとも思いますし,やるんなら本気で試験・計算をして設計してゆきたい気もしますね(誰か,本気でやってみる人いないですかね.でも,固定翼のMAV君の方が面白いですかね).

ということで,帰国したらいろいろ待っていることが多いので,まだ帰りたくないと思う今日この頃です.

p.s. タモリ倶楽部はどんな感じだったのでしょう...(見たくない気もすごくしますが...).

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-21


2008年09月25日(Thu): 日常

Category: General
Time: 14:04
Author: asel
日常

ARLISSも終わり,“日常”が帰ってきましたね.来週からは後期も始まりますし,中村先生も研究室に復帰されますし,頑張ってゆきましょう,というところです(今日は2年生が大型風洞で夏季集中実験をやっているみたいですね).

p.s. 会議の後に徹夜で飲み物を飲んで,そのまま朝一番でまた会議,とかいったを平気でできてしまう元気な方々とお付き合いさせていただくと,よい社会勉強になります(結構眠い...).

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-25

2008年09月25日(Thu): 八千代マイクロフィルムさん

Category: General
Time: 15:48
Author: asel
しおり
マイクロフィルムで作られたしおり

SEEDSに載せた,メッセージのマイクロフィルムを製作していただいた,八千代マイクロ写真社の社長さんが来て下さって,久しぶりにいろいろお話することができ,地上局も見ていただいたりして,楽しい時間を過ごせました(すごくいい方です).次号機SPROUTでも是非,お願いしたいなと.マイクロフィルムについては,他大学の衛星開発チームからも問い合わせが来ているようで,もしかして,マイクロフィルムが大学衛星のスタンダードになる??

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-25

2008年09月26日(Fri): 卒研報告会

Category: General
Time: 19:26
Author: asel
卒研報告会

今日は毎月恒例の卒研報告会ということで,御苦労さまでした.そろそろエンジンをかけてゆくのかな,といったところですね.

今日はこのあと,牛角の会だそうで,とりあえず,味は別として,楽しく食べましょう,といったところでしょうか.ちなみに,さっき,「趣旨は?」と尋ねたら,「Mr. Katayamaの送別会」だそうで...(う~ん,あんまり,というか,全く必要ない気もしますが,とりあえず,牛角で食べましょう,ということですね).

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-26

2008年09月26日(Fri): ということで

Category: General
Time: 22:29
Author: asel
牛角
ということで,皆さん,満足?

今日は懐かしい顔も見ることができて,楽しかったですね(IACなMr. Yamazakiがいなかったのがちょっと残念).
太っ腹な亀やん


p.s. 研究室では筆ペンが流行っているそうで...
ドアに貼られた変な紙

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-26

2008年09月28日(Sun): 明日から後期が始まりますね

Category: General
Time: 14:05
Author: asel
若者と,若者に軌道解析について教えているお兄さん

明日から後期が始まりますね.キャンパスも人であふれて賑やかになることでしょう.研究室は,嵐の前の静けさといいますか,卒研報告会が終わって一休みということなのか,衛星運用の方々くらいしかいらっしゃいませんね.よいことです.平日は頑張って,日曜日は休む,というのがいいですよね(加治隆介や島耕作的には,休日に仕事をする人は仕事のできない人?).

夏休みもいろいろありましたが,リフレッシュできたと思うので,明日から,また頑張ってゆきましょう,といったところでしょうか.

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-28

2008年09月29日(Mon): お掃除

Category: General
Time: 18:05
Author: asel
お掃除

今日は地下の実験室のお掃除デーということで,皆さん,御苦労さまでした.これでちょっとはスッキリした実験室になった? 後期になって,低学年の方々がどれくらい遊びに来てくれるか不安なところもありますが,卒研インターンシップを希望してくれる学生さんもいるみたいですし,実験室はきれいに使ってゆきましょう,といったところです.

p.s. あとはM1部屋ですね...(約1名が10月から旅に出るのできれいになる?)
M1部屋で前ミーをする方々

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-29


2008年09月30日(Tue): サイエンスコミュニケータ

Category: General
Time: 11:39
Author: asel
衛星プロジェクトな方々は,坪井小学校さんとか,ハムフェアとか,JAMSATシンポジウムとか,日大フェアとか,オープンキャンパスとか,JA2008とか,SDFとか,(ついでに深夜番組とか?),いろんなところでプロジェクトのこととかを話す機会があるわけですが,いわゆるサイエンスコミュニケータがいよいよ必要とされる時代になってゆくんでしょうかね.どうなんでしょう?someone
いわゆるアウトリーチ活動とか,サイエンスカフェとかひらめき・ときめき・サイエンスとか,「科学をもっと身近なものに」,「自分のやっている研究を広く社会の皆さんに知ってもらいましょう」的なものは昔からありますが,やっとそれが当たり前の時代になりつつあるのかなあと感じる今日この頃です.でも,「一般の人々にいろいろ教えましょう」的というか,上から物言うお役所的なのは面白くないので,やっぱり,対話というか,ワイワイガヤガヤというか,和気あいあいなのがいいですよね.コミュニケータって感じの. これから,「学生にとってもよい勉強になるので,大学としてもそういうことをもっとやってゆきましょう」みたいな感じになってゆくのかもしれません. まあ,学生さんに強要するのはつまらないですが,やっぱりやってみると楽しいみたいですので,研究室としては,理屈抜きに,機会があれば楽しんでゆきましょう,って感じでしょうか.

URL:http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2008-9-30