日テレで「スプラウト」というドラマが始まるそうで,ホームページを見たら,そのロゴの「芽」の絵が,昔のSPROUTのロゴに似ていて,SPROUTな方々,喜んで?ましたね.

おもしろかったです
さて,今日はB3の方々のViscariaの最終実験を行いましたが,面白かったですねえ.天候や滑走路の予約の関係でなかなか実験ができなかったわけですが,やっとできましたね(午前中は天気が悪くて,今日もダメかなって感じでしたが,急に晴れて,よかったですね).

で,さすがに,最終実験まで時間があったので,皆さん,ばっちり準備をしたようで,うまくいきましたね(赤外線センサ,優秀ですね).過去のSEEDSの打ち上げでも,打ち上げが延びてしまって,最終チェックや運用準備をやる時間が十分にあったことが幸いしてか?,打ち上げ・運用はうまくいきましたが,それを思い出させてくれる感じがありましたね.このパターン,日大に合ってる?(SPROUTもそうなればいいですが,果たして,打ち上げ前に十分な時間が取れるかどうか.頑張りましょう).

走行実験は全部で16回くらいやったんですかね.さすがにこれだけやると(&実験がこれだけ順調にいくと),やっぱり,人の興味は別のところにもいくわけで,「段ボール隊」の皆さん,面白かったですねえ.Viscariaのミッションは障害物を回避しながら目的地に行くというもので,いろんなレイアウトの障害物を段ボールを組み合わせて設置していましたが,その様子がたまらなく面白かったですねえ.もたもたしていると,超音波センサが障害物を早々と検知してしまってあっさりよけてしまい,障害物と障害物の間をうまく通過させるようなことができないため,超音波センサが反応しないよう,「段ボール隊」の方々がViscariaの動きを予測しつつすばやく段ボールをレイアウトするところが,運動会でのマスゲームのような,妙な連帯感・統一感を生んでいて,おかしくてたまらなかったですね(土曜日に何時間もかけて練習したそうで).あとは,最終報告会,楽しみです.

ということで,個人的には,「段ボール隊」,たまらないです.
Viscaria(その1)
Viscaria(その2)
ご苦労様でした

p.s. 表題の「突然段ボール」を見てわかった人,かなりのマニアです(お友達になれそうです).
p.s.2 未来博士工房のホームページも更新しましょうというお達しが来ているので更新してみました