Archives

You are currently viewing archive for 08/2014

2014年08月20日(Wed): 夏ですねえ

Category: General
Time: 16:05
Author: asel
【CanSatの本】このブログを書くのはいつ以来だろうか・・・

UNISECの先生方(中須賀先生,木村先生,佐原先生,坂本啓先生,永田先生,和田先生,神武先生,Dr. Yamazaki, and me)が執筆した,CanSatの本が今度の金曜に出版されるということで,今日はUNISEC事務局で出版社の方と契約とかもろもろの打ち合わせでした.

その際に見本もいただきましたが,実際に本の形になると,ほっとするというか,ちょっと嬉しかったりしますね(衛星工房のメンバーで欲しい人には進呈しようかなと.特にB1の方々には読んでいただきたいなあと).

研究室は相変わらず,SPROUTの運用をしつつ,研究を頑張りましょうって感じですね.個人的には,最近は自己伸展部材を用いた大型軽量宇宙構造物の研究が楽しいです.


2014年08月22日(Fri): ちょこっと紹介

Category: General
Time: 01:15
Author: asel
リクルートの進学ナビというサイト(高校生向けの進学情報サイト)に,日大の紹介ページがあります.

【SPROUTの軌跡】この中に,SPROUTの紹介ページがあります(軌道のデータが違っている・・・).そのページのflashのところの右上あたり(右の画像の黄色の楕円のあたり)の

「SPECIAL MOVIE
 SPROUT IN
 TANEGASHIMA 」

をクリックすると,動画のページがでてきます.


【インタビュー・スタート】そして,中央(左の画像の黄色の楕円のあたり)にある「WATCH SPECIAL MOVIE」をクリックすると,現役メンバーのインタビューの動画が流れます.


【インタビュー】右の画像のような感じです.現役メンバーだけで,この3月に卒業したM2がいないのがちょっと残念ですが,現役メンバーの皆さん,結構,かっこいいこと言ってます(自分が学生だったら,こんな立派なこと言えないなあ).


【座談会】これとは別のページには,開発メンバーのうちの数名の座談会の記事が載っています(左の画像のような感じ).


これから,SPROUTのメイン・ミッションが始まっていきますが,ひとつひとつ,着実に成功していきますように.


2014年08月22日(Fri): 衛星工房ディスカッション

Category: General
Time: 20:33
Author: asel
【衛星工房ディスカッション】

久しぶりに衛星工房ディスカッションに出ましたが,今年のB1の皆さんは順調かな? 今日はB2のMr.OhshimaがB1の皆さんにCanSatプロジェクトの紹介をしていましたが,12名のB1の中で,何人がCanSatに挑戦しますかね? 楽しみです.

p.s. CanSatの本は,UNISECが文科省から受けている委託事業「缶サット・超小型衛星を用いた創造的科学技術人育成ネットワークの構築」の一環として出版するものです(タイトルが長い・・・).ちなみに,この事業のホームページは http://www.unisec.jp/c3st/ です).


2014年08月28日(Thu): 勉強しましょう

Category: General
Time: 20:18
Author: asel
【衛星工房ディスカッション後のひととき】
3号館は明日が停電ということで,衛星工房ディスカッションは今日あり,B1の方々の活動報告あり,Mr.Inoueの「構造強度に関する講演会報告」あり,B2の「CanSatプロジェクトの紹介」ありと,楽しい時間でしたが,ついでに,「勉強しましょうね」ってこともあり?

【ポスター】さて,理工学部では,東京カレッジフェスティバルという女子高校生向けの合同進学説明会に出展することになり,SPROUTのポスターも貼っていただけるようです.多分,いつものポスター(右の画像)をちょっといじった感じになるのかなと.

p.s. CanSatの本,順調みたいで,重版がかかるようです.
p.s.2 久しぶりにCバージョンのNEDAを改訂しようと手を動かし始めましたが,すっかり脳が硬くなってる・・・ やはり,何歳になっても,日々勉強です.




2014年08月30日(Sat): ALSS

Category: General
Time: 22:52
Author: asel
今日は東工大でALSSがあり,講演を聞きに行ってきましたが,ホント,面白かったです.講演会の後の懇親会もすごく楽しくて,これからの宇宙科学のミッションについて上野先生や皆さんからいろいろお話を聞けましたし,土居先生のブラックホールの話,たまらなかったです.

高校時代,素粒子や宇宙物理といった理学の世界を目指すか,宇宙工学の世界を目指すか迷って,宇宙工学の世界に入りましたが,ブラックホールの話を聞いてしまうと,ブラックホールを観たくなってしまいますし,観るるための衛星とか観測システムの開発に携わってみたくなりますし,なんか,ワクワクです.

もちろん,そういうプロジェクトは今は存在していないし,実際に観ることができるかどうかもわかっていないわけですが,目指してみたい,そう思わせてくれる土居先生の講演でした(私はだまされやすい?性格です).

IKAROS2の50m級ソーラー電力セイルもおもしろいですが,ブラックホールも,ホント,たまらないです.