Archives

You are currently viewing archive for 01/04/2018

2018年04月01日(Sun): 新年度

Category: General
Time: 13:15
Author: asel
新年度になったということで,気持ちも新たに頑張っていきましょう,というところですね.今年度は,やはり,ソーラーセイルと自己展開構造とStarshadeとSSPSを頑張ろうという感じです.特に,自己展開構造とかStarshadeについては,みんなで概念検討的なこととか解析ツールの開発をやってきて,何となく,感じがつかめてきたので,今年度は超小型衛星による技術実証の検討(設計)とか,もう少し具体化していくフェーズかなと.

ソーラーセイルはというと,IKAROS,OKEANOSのような膜面のスピン展開については,いろんな研究がされてきてますし,最近では中国の研究者の方々がスピン展開の解析を論文でよくだしていて,あっという間に追い抜かれそうだなあって感じです(ちょうど,日本で12,3年前くらいにやっていたことが,少し毛色を変えてどんどん出てきています).

で,じゃあ,自分たちは何をすればいいかというと,OKEANOSのフルモデルの解析も当然ありますが(フルモデルの解析については,まだ追いつかれたくないですねえ),運動の特徴を「定量的に」評価・理解することも大切かなあと.

IKAROSのときは,とにかく一気に開発するということで,そういった学術的なことを整理するよりは,実際の設計・開発・運用に必要なことを皆さん,やっていた感じがありましたが,じゃあ,IKAROS後の8年間はどうだったのかというと,どうだったんでしょうかねえ.どれくらい整理ができたんでしょうか?

自分は,自己展開構造の研究ばかり楽しんでしまって,OKEANOSについては特にやっておらず,研究室としても,スピン展開膜の相似則について解析・実験をしていたくらいでしたが,いい加減,やらないとなあという気がしてきました(ギリギリにならないとエンジンがかからない・・・).

実際,ソーラーセイルのような,弾性大変形を伴う展開物の展開運動および展開後の状態の数値解析は,設計パラメータを決定するために必要な作業ですし,学術的にも,運動の理解という意味で楽しい研究ですし,今年度はちゃんとやりたいですね.例えば,展開運動をモード分解することで,展開運動の特徴を整理するとかねえ.


自己展開構造は,いろんな研究要素(= 実現に向かた壁)があって楽しいので,今年度も自分の中では中心的な研究になっていくと思いますが,いろいろあって,セイルもやりたいなと,ここ2,3週間,すごく思うようになりました(遅すぎ?).

p.s. 研究室としては,審査とか評価とかを「される側」になることが多いですし,「される側」でずっといたいと思うわけですが,「する側」になることもあります.でも,「する側」になってみると,ものすごく勉強になるというか,言い方は悪いですが,手っ取り早く最先端のことを教えてもらえるという意味では,「する側」も悪くないなと思う今日この頃です.もちろん,これを活かして,「される側」にもならないと,おもしろくないですが.

p.s.2 SNSでエイプリルフールをやられると,騙されやすい性格の人間は,ついつい,「いいね」をしてしまいそうになります・・・まあ,騙される方が悪いんですが,いかにも本当っぽいこと&自分がちょっと期待してしまいそうなことだったりすると,信じちゃいそうになりますねえ・・・



2018年04月01日(Sun): 技術士・PE・FE

Category: General
Time: 18:58
Author: asel
今後,技術士やPE,FEの試験に関する説明会があるみたいですね.

技術士の一次試験はB3でもたくさん受かるんですね.一般的な選択問題ですし,航空・宇宙と名の付く(分類がある)国内の資格は技術士くらいなので,技術士の一次試験に受かったら「航空宇宙工学演習」はS,とかってしてもいいかもしれない?でもって,M1はFE? まあ,資格を持っていて損はないですし,技術士やFEなら,いい勉強にもなると思いますしね(自分が受けたら,受かるかなあ・・・).
【技術士】【PE・FE】

研究室はというと,まあ,いつもの通り,地味?.
【いつものM部屋】


2018年04月01日(Sun): お腹がすきましたねえ

Category: General
Time: 20:40
Author: asel
【美味しそう】19時からのJAMSATミーティングは短時間で終わり,皆さん,それぞれ静かにタンタンと作業をしています(いつもは約一名,マシンガントークな人がいますが,もともと,この研究室は,夜中を除いて,怖いくらい静かです).

それにしても・・・

Mr.Kikuchiが盛壱の新メニュー表をつくっている画面を見てしまうと,やっぱり,食べたくなっちゃいますねえ.