砂嵐.こんな写真を載せるとARLISSのイメージが悪くなるかな?

現地でのネットの調子が悪かったらしく,ARLISS組の連絡がなかなか来なかったわけですが,さきほど,来ましたね.詳しい話しは後日,Cansatのブログで報告されるのでしょうが,とりあえず(あまり速くはないですが)速報ということで...

やはり,天候はどうにもならないのか...,というところですね.う~ん,難しい... 昔はいい天気続きだったのに...

ということで,ComeBack Competitionに参加したCBC-04は1500mですか.微妙ですが,二段階展開(パラシュートで落下して,途中で切り離してパラフォイルを展開して目的地に向かうってやつ)はうまくいったようですし,データも取れていて,まあ,一応,行った甲斐はあったんでしょうかね(制御履歴が見てみたいところですが).でも,天候の関係で1回しか飛ばせなかったというのはメンバーにとっては心残りだっただろうなあと.ということで,2回目が見たかった! というか,2回目こそ「1回目の失敗を修正して2回目はうまくいきましたよ」ってところが見たかった!ARLISSは本物の衛星開発(=1回で必ず成功させないといけない)とは違って,自身の未熟さから1度失敗したとしても,それまでの日本での経験を生かして現地で修正して2回目を成功に持ってゆく,ってことも大事なステップのような気がしますからねえ(まあ,もちろん,ARLISSでも1回で成功させるのが本来の姿ではありますが).
 ということで,メンバーの掲載許可は得てはいませんが,“まあ,許してよ”ってことで,とりあえずCBC-04の速報の資料はこちら

ECHOの方は2回フライトできたようですね.1回目はイマイチだったようですが,2回目はうまくいってよかったかなと.まあ,もともと別にARLISSでやらなくてもいいミッションだったわけですが,やっぱりARLISSを経験するってことは,すごく大事なことですからね.その意味でも,2回目は1回目の修正ができたようで,行った甲斐があったかなと(もちろん,1回目がうまくいかなかったことは大いに反省していただきたいところではありますが).
 ということで,ECHOの速報の資料はこちら

でもって,速報写真は以下の通りです.
CBC-04の打上げ
CBC-04の打上げ直前記念写真

CBC-04着地
CBC-04はきれいに着地してました(=二段階展開が成功)

ECHOの一回目打上げ
ECHOの1回目(Paulさん,ありがとう!)

ECHOの2回目
ECHOの2回目(Jamesさん,ありがとう!)

ECHOの着地
ECHOの着地

ロケットを運ぶ途中.って,なぜこの写真なんだ?
CBC-04が搭載されたロケットを運んでいるところ


ということで,日本に帰ってきたらいろいろ四方山話ってやつを聞きたいなあと(っていうか,ホント,Black Rockに行きたかった! うらやましいぞ!).


URL: http://forth.aero.cst.nihon-u.ac.jp/d/index.php?blogid=1&archive=2007-9-16