衛星ミーティング
今日は火曜日ということで,衛星工房ディスカッションがありましたが,久しぶりに人数が多かったですね.皆さん,是非がんばっていただきたいなと.

で,今日はやはり,SIMPLEの話題ですかね.先週からつくばで運用が行われていましたが,チームの皆さんもびっくりするくらい?,うまくいきましたね.


IEM(Inflatable Extension Mast)はキレイに伸びたし,IST(Inflatable Space Terrarium)はキレイに膨らんだし,ばっちりでした.まだIMP(Inflatable Material Experiment Panel)の実験が残っていますが,まずは一番クリティカルでサクセス・クライテリアという意味でも重要であったIEMとISTが成功したのは,本当にうれしいですね.

もちろん,運用中,いろいろありましたが,最終的に成功するかうまくいかないかでは天と地の差があるわけで,やはり,“宇宙”は成功させることに意義がある,という感じですかね.

で,今回,つくづく思ったのは,まずはウェルリサーチさんの力ですね.技術者5名で,他の仕事もやりつつ,ISSの厳しい安全審査やミッション評価の審査をクリアしつつ,曝露部であぶなっかしい?(と周囲の方々は思っていたはず)展開構造物の実験を行うというのは,本当に大変なことなわけですが,成功させたわけですからね.ただただ,ありがとうございました,という気持ちでいっぱいですね.

それと,やっぱり,SIMPLEチームの皆さんのセンスですかね.これだけ楽しく,かつ,成功までもってこれたのは,間違いなく,チームのメンバーの皆さんの力ですね(リーダーが東大の青木先生ですからね.そりゃ,楽しいチームになりますよね).そういうチームに加えていただけたことに感謝・感謝です.

で,もう一つ,すごく思ったのが,JEMの運用関係者の方々の素晴らしさですね.JEMでの実験に関しては,実験環境や実験のやりやすさに関することなどでネガティブな情報も耳にしないわけではなかったですが,実際に体験してみて(まだ体験し始めたばかりですが),つくづく思ったのは,関係者の方々の対応の素晴らしさですね.PI(実験チーム)の要望に対して,迅速に対応してくださったり,実験の成功のためにいろんな支援を積極的にしてくださったりして,感動しました.やっぱり,実際に体験してみると,本当のことが見えてきていいですね.

まだIMPの実験は残っていますし,定常運用,半年後の発芽実験など,まだまだSIMPLEは続きますが,また何か新しいことをJEMなり他のチャンネルで,おもしろいことをおもしろいチームでやりたいなと思う今日この頃です.