はじめまして!

NEXUSのC&DH班を担当している学部3年の盛本です。
C&DHはバス部の中心であると同時に通信(FMT)とセンサーグループ2(SG2)も担当させていただいてます。
システムダイアグラムを見ていただけるとわかりますが、CW以外のすべての班と接続されています。

通信は主に送信系でAFSK(1200bps),GMSK(9600bps),デジトーカー,SSTVなどです。

NEXUSのセンサー系は2つあり、SG1,SG2に分かれています。
SG1はハウスキーピングデータを取るためのグループで電流計や電圧計、温度センサーが搭載されています。
僕が担当しているSG2は姿勢決定のためのセンサーでジャイロセンサーと地磁気センサーがあります。


今日は衛星を受信するためのドングルをアンテナに接続して日大の衛星SEEDSの受信を行ってみました。
以前行ったときはエレベーション角が12°しかなく、受信に失敗してしまいましたが、今回は70°あったので準備は万端です。


寒い中屋上へ行き・・・

取れるかな?

ディスプレイはこんなかんじ


徐々にエレベーションが上がっていき・・・


「ツーツー・ツ・ツー・・・」

ついに取れました!


初めてドングルでCWが聞けたので感動しました!

ドップラーの効果で周波数がどんどん下がっていくのですが、それをパソコンで追うのと、アンテナの角度を上手く調整しないと綺麗に音声が出ないのでまだまだ練習が必要です。

大宮高校に行くまでにはもっと経験を積んでいきたいですね。