【OB会は11月5日(土)】

今日は,CalTechのPellegrino先生が研究室の見学にいらっしゃいました.いま,IASSの年次シンポジウムが東大で開催されていて,Pellegrino先生も参加されているので(というか,IASSの会長になられるそうで),そのついでに来られた,という感じでしょうか.

Pellegrino先生は,もともと,トラス構造や展開構造の研究者で,29年前の春に宇宙研に1か月くらいだったか,滞在されていて,自分は卒研生になりたてで,NTTの横須賀の研究所に案内をしたりしたのが最初でした(当時は,NTTも宇宙をやっていたんですよねえ).2001年~2002年にコロラド大に滞在していたときにも,Pellegrino先生がいらっしゃって,話をしたり,2011年くらいだったか,ケンブリッジ大に滞在していたときも,たまたまいらっしゃって(もともと,Pellegrino先生はケンブリッジの先生でした),話をしたり,CalTechにお邪魔して,話をしたり,という感じで,特に共同研究とかはしたことはないのですが,たま~に話をさせていただく,という感じで,最後に会ったのは,2011年の学会のときだったのではないかと思うので,5年ぶりにお会いすることができました.

今日は,研究室のメンバー何人かで実験室とかを案内をして,研究の話はもちろん,研究のmotivationの話とかadministrationの話とか,いろいろさせていただいて,楽しかったなあと.やっぱり,smartな方とお話しをするのは楽しいです.おもしろい研究テーマも出てきましたし,実りのある4時間でした.

それにしても,Pellegrino先生が宇宙太陽光発電システムの研究をやっているのには驚きましたねえ(「宇宙太陽光発電システムの研究をしていると,周りからcrazyって言われるけど,気にしない.技術的に可能な道を探るのが面白い.そうしていると,少しずつ活動も予算も大きくなっていく.2,3年で結果が出るようなものではなく,長期のプロジェクトをやりたい.」ってあっけらかんにおっしゃっていたのが印象的でした.かっこいいなと).

やっぱり,自分が面白いと思うことをやるのが一番ですね.