【CESSの1年生への説明会】1990年代から2000年代初頭までは,衛星設計コンテストが衛星開発を目指す学生や研究室の登竜門でしたが,CubeSatの出現以降,本物の超小型衛星にみんなシフトしていきました.もちろん,今でもSmall Satellite Conferenceのstudent competitionや,Mission Idea Contestもありますが,圧倒的に実機指向な感じがします.

そうなると,なんとなく,あまのじゃく的な気持ちがわいてくるというか,超小型衛星でいろんなことを実現できるようになりつつある今だからこそ,もっと本気でミッションを磨いて,いいミッションで勝負したい,という気持ちになってきますね.

ということで,今日は,毎週月曜6限にやっているCESSの衛星設計ゼミの後,院生の方々がB1のCESSメンバーに,「宇宙について勉強していって,B3になったら,本気で衛星設計コンテストに出てみないか?」ってお話しをしてました. そう.なにごとも本気であれば,結構,いろいろできますよね. 今年のB1は,結局,4名になりそうですが,うまくやっていってほしいなあと. まだB1なので,いろいろ調べるところからでしょうし,研究室でやっていることにも参加してもらったりしながら,コンテストも目指してほしいところです(どうせやるなら,「これならつくれそうだね」っていうレベルまで設計してほしいなあ).

ついでに,院生チームも,来年あたり,出てみる?