皆様.
あけましておめでとうございます.

修士2年の山口です.
本年もどうぞよろしくお願い致します.

さて,年も変わり,いよいよNEXUSの打上げが迫ってきました(打ち上げ予定日:1/17).打上げについては,JAXAホームページ「イプシロンロケット4号機による革新的衛星技術実証1号機の打上げについて」に詳細が掲載されていますので,ご覧ください.また,Youtubeにて,イプシロンロケット4号機の動作シーケンスCGが公開されており,NEXUS分離時の様子などを知ることができます.

現在,NEXUSプロジェクトでは,①NEXUSホームページの更新や,②EMを用いた初期運用のリハーサルを行っています.

①NEXUSホームページには,衛星概要ミッション内容の他,テレメトリ―フォーマットや,初期運用に関して(分離直後のTLE)も記載しています.NEXUSはロケットからの分離直後より電源が入り,電源が投入されてから約17分後に,モールス信号(CW)により,衛星のバス電圧やバッテリー温度が送信されます.これらをダウンリンクし,衛星の電力収支や熱収支に致命的な問題がないことを確認する予定です.ホームページにて分離直後の軌道(TLE)や,CWテレメトリーフォーマットを公開させて頂いていますので,多くの方に受信して頂ければ幸いです(受信報告に関するページは近日中に公開予定です).

②EMを用いた初期運用のリハーサルでは,アップリンクソフトやダウンリンクソフトの動作検証もかねて,テレメトリー情報のダウンリンクや,カメラ画像データのダウンリンクを行い,衛星システムの動作に問題がないことを確認しています.

null
分離直後のバス電圧

null
初期撮影画像(クリーン室の机...)


また,SEEDSの運用を通して,新規開発のアンテナ追尾ソフトの動作検証や,偏波ダイバーシティ方式でのダウンリンク動作確認などを行っています.

打上げに向けて,より一層気を引き締め,初期運用がスムーズに進行できるよう,引き続き準備を進めていきます.